たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年06月23日

グレイテスト・ヒッツ

ガンズ・アンド・ローゼズの『グレイテスト・ヒッツ』。

あくまでグレイテスト・ヒッツなので、『ベスト』ではないです。

意味合いとしては『シングル曲集』になりますね。

とはいえライヴの定番曲や代表曲は入っているので入門編としては申し分なし。

『聴きやすい曲の集まり』という感じで、魅力は充分に伝わると思います。

『ベスト』と考えるににはちょっと足りないので、コレで気に入ったら各アルバムを聴く、というやり方がオススメな感じですね。


あっ、あと『久々にガンズ聴くか〜』って時にも良いです。
たまにありますよね?

『あ〜、やっぱロックンロールはいいなぁ・・・落ち着くぜ。』
みたいな感じになって、たいして飲みたくもないのに酒飲んだり、
普段は吸わないのにタバコ吸ったりするのです。

んで、『カッコイイとはこういうことさ』
みたいなことを誰かに説きはじめて迷惑がられたりしてね。
うんうん。あるある。

ローリングストーンズのカバー『悪魔を憐れむ歌』も入ってます。
映画『インタビューウィズバンパイア』で使われた曲ですが、これはオリジナルアルバムには入っていないのでこのアルバムで聴きましょう。


ガンズ・アンド・ローゼズの輪郭を把握できるアルバムなので、お買い得であることは間違いありません。


  

  • Posted by グレイトさん at 21:42Comments(2)

    2007年06月23日

    ライヴ!

    ガンズ・アンド・ローゼズのライヴアルバム、
    『ライヴ・エラ』。

    ずっと何年も活動していない状況から、『今さら』降って出てきたアルバム。

    発売当初はあんまり期待していなかったんですが、
    (ソッコーで買ったけど)
    内容が良いんです!

    選曲はベストと言っていい選曲。

    2枚組というボリュームを最大限に使い、ヒット曲、代表曲からはモレなしです。


    率直な感想としては
    『やっぱりカッコイイね〜』
    が正解です。
    (なんだよ正解って)


    それまでガンズ・アンド・ローゼズのライヴアルバムは
    『ライヴ・フロム・ジャングル』
    しかなく、廃盤・プレミア付きになっていて非常に高価です。

    今でも安くても5000円くらいするし。


    モチロン海賊版ではハンパじゃない量が出回っていて、西新宿とかに行くと
    『石を投げれば当たる』
    くらいあります。

    しかし、やっぱり音質に難アリなものであったり、曲の途中で途切れていたり、すでに出回っている海賊版の焼き直しだったりすることがほとんどです。

    ですのでオフィシャルでこのようにライヴ盤が出てくることが純粋に嬉しいですね。


    アクセルの声も非常によく出ていて安定していますし、演奏もよくまとまっています。

    細かいミスはありますが、それがそのまま入っているあたりがやっぱりロックンロール。
    大音量で聴くとかなり臨場感があって、たまらない。

    アルバムを一通り聴いたら、必ず聴くようにしましょうね。

    やっぱりロックバンドはライヴをやってナンボですから。

      

  • Posted by グレイトさん at 21:42Comments(0)

    2007年06月23日

    スパゲティ

    この凄い目立つジャケットはガンズ・アンド・ローゼズのカバーアルバム、
    『ザ・スパゲティ・インシデント』。

    パンクを中心にしたカバー曲集で、オリジナル曲はありません。


    アルバム出したー
    アルバム売れたー
    長いツアーをやったー
    世界中をまわったー
    もっと自由にやりてー
    契約とか、ゴチャゴチャ言われて面倒だー
    とりあえず原点にかえって楽しくやれることをやろーぜ!


    ・・・ってな感じなのでしょうか。
    つべこべ言わずにとりあえずコレ聴いとけ!
    と言わんばかりの選曲です。


    ・・・というつもりで聴きはじめるとイキナリずっこける1曲目、『シンスアイドントハブユー』。
    スカイライナーズという古いコーラスグループの曲だったと思いますが、これはアクセルの趣味でしょう。
    関係ありませんがブライアンセッツァーもこの曲を演っていますね。

    2曲目はザ・ダムドの『ニューローズ』。
    歌うのはダフ。
    特にアレンジも何もない、完全コピーの状態です。


    他にもナザレス、UKサブス、フィアー、イギーポップなど『それ系』では有名なバンドの曲が目白押し。

    パンク大好きダフ・マッケイガンが大活躍しているアルバムです。

    しかしこのアルバムは相当やってて楽しいんでしょう、アクセルにしろダフにしろ、ノリノリなのがわかります。
    やたらコーラスが分厚い感じがしますし、そこらじゅうで
    『イェー』とか『ハァッ』みたいなのが聞こえます。
    ホントに好きなんだな、こういうの。
    やっぱりロックンロールをやる不良、なんだな。



    このアルバムで一番のオススメは、ミスフィッツの曲
    『アティテュード』。

    1分30秒足らずの短い曲ですが、
    凄い勢いでテンションが上がります。

    ライヴでも定番で、ヴォーカルをとるダフが
    『目を覚ます時間だぜ!』
    みたいなことを言ってイキナリ始まり、
    バンドが一気に暴れ出してスタジアム全員が『超・イェーイ』みたいになるのです。
    カッコいいですよ。



    ちなみに、カバー曲集だから版権の問題とかで難しいのでしょう、
    輸入盤はもちろん、国内盤にも歌詞カードと対訳はありません。


    それでも絶対に聴き取れる12曲目『アイドントケアアバウトユー』。

    『I don't care about you. fxxk you!』


    ・・・わかりやすい。

    基本姿勢はずっと変わっていないことを証明していますね。

      

  • Posted by グレイトさん at 21:42Comments(1)

    2007年06月23日

    黄色いほう

    ガンズ・アンド・ローゼズ
    『ユーズユアイリュージョン』。
    2枚同時発売のうちのもう1枚。
    黄色いほう。

    青いほうに比べてアップテンポの曲、ハードロック曲が多いので
    『ガンズらしさ』は感じやすいです。


    オススメどころは
    『ライトネクストドアトゥヘル』
    『パーフェクトクライム』
    『ダブルトーキンジャイブ』
    『ドントダムミー』
    あたり。
    わかりやすいロックンロールです。


    『ドントクライ』をはじめバラードも全般的に良いので、一度、イッキに聴いたあとはじっくりと楽しんで聴きましょう。


    ちなみに私の友人に
    『ドントクライで泣いた』
    というアパッチ魂溢れる男がいます。

    『ドントクライ』なのに。

    『泣くな』と歌ってくれているのに。


    そういえば、以前ガンズ・アンド・ローゼズの人気曲をランキングしているサイトがありました。

    私の記憶では
    1位 ウェルカムトゥザジャングル
    2位 ノーベンバーレイン
    3位 パラダイスシティ
    4位 ユークッドビーマイン
    だったと思います。


    ロックンロールもバラードも良い、という証明になりますよね。



    しかしこうして聴いてみると、つくづくリズム隊の安定感がバンドの強みであることがわかります。

    ベースのダフ・マッケイガンは特筆すべきテクニシャンではないのですが、非常にツボを押さえた
    『ロックンロールとしてのカッコいいフレーズ』
    を叩き出します。

    ライヴで上を向いてタバコを思いきりフカしながら弾くシーンがあるのですが、それがもう最高にカッコいい。

    どことなく西城秀樹っぽい雰囲気をかもしだしたルックスは今も健在。
    (私の中で“カッコいい大人”の代表は西城秀樹)


    この2枚のアルバム『ユーズユアイリュージョン』は、ライヴの定番曲が多いので

    ○ライヴ盤を聴く
    ○ライヴDVDを観る
    ○ライヴに行く(なかなか来ないけど)

    という際にはおさえておく必要がありますよ。

    『名盤』とか言われることはないのですが、『愛聴盤』という位置付けで親しみましょう。

      

  • Posted by グレイトさん at 21:41Comments(1)

    2007年06月23日

    青いほう

    ガンズ・アンド・ローゼズ
    『ユーズユアイリュージョン』。
    2枚同時発売のうちの1枚。
    青いほう。


    本来はアルバム2枚同時発売って、普通に考えると『ナシ』な行為ですよね。
    シングルならまだしも、アルバムだし。


    しかもレコーディングにスッゴい時間がかかっていて『発売決定』から延期につぐ延期。
    ぜんっぜんレコーディングが進まなかったらしいです。


    ヒドイっすねぇ。


    ・・・でもね、そんなのは『常識的に考えてヒドイ』でしかないのです。

    このバンドには全く通用しない考え。
    だからこそロックンロール。
    だからこそガンズ・アンド・ローゼズ。


    2枚同時に出されようが、発売を待たされようが、
    『待ったけどいっぱい聴けて嬉しい』
    とガンズ・アンド・ローゼズのファンは思うのですよ。

    なんせそれぞれが70分を超える、この2枚。

    通常のアルバム3枚分の長さがあるんです。


    さて、内容はと言いますと・・・

    うむ。

    聴きゴタエがすげぇ。

    曲調がバラエティに富んでおり、飽きることなく一気に聴けます。

    理由としては、やはり曲を書ける人間が4人いること。

    それと、ドラムがパワフルな実力者、マット・ソーラムに代わったことでリズムパターンが増え、曲にメリハリがついたこともあります。


    捨て曲のないなかなか良いアルバムで、バラードが多めですが決して退屈はしません。


    アルバム全体を通しての流れ、などは一切なく
    『ただ出来た順に詰め込んだ』
    という感じなのですが、
    『ゲットインザリング』から『ショットガンブルース』
    あたりのテンションはかなりのもの。

    私個人、こればかり何度も聴いてる時期があったほどです。

    なんせ基本姿勢が
    『ケンカを売る』
    『売られたケンカを買う』
    という感じなので、歌詞を読んでるだけでもなんとなくニヤリとしてしまいますね。


    そしてベタですが、このアルバムの極めつけは『ユークッドビーマイン』。

    プロモーションビデオはターミネーター、すなわちアーノルドシュワルツェネッガーが出演しています。

    ドラムのイントロにベースがからんできてギターリフ。
    この黄金パターンの曲構成に世界で唯一のヴォーカル。


    さあ、ガンズ・アンド・ローゼズに興味を持て。
    興味がなくても、せめてこの曲は聴いておけ。

      

  • Posted by グレイトさん at 21:41Comments(1)

    2007年06月23日

    ガンズ・アンド・ローゼズの2枚目、というか企画版ですな。

    『ガンズ・アンド・ローゼズ・ライズ』。


    もともとはインディーズで出していたミニ・アルバム
    『ライヴ?ライク・ア・スーサイド』
    にアコースティック曲を加えて1枚のアルバムにしたものです。

    お客さんの声が入っていますが、コレはスタジオレコーディングものに歓声を入れた擬似ライヴですね。

    ま、名盤とかではないけれど、ロックンロールしていることは間違いありません。


    『レックレス・ライフ』やカバー曲『ナイス・ボーイズ』の歌詞がそのまんま、
    ガンズ・アンド・ローゼズ。

    『ぼうやたち、良い子だからロックンロールやらないで・・・』

    ・・・やりますよ。



    しかしガンズ・アンド・ローゼズは暴力的な印象とは裏腹に、実はかなりバラード曲の多いバンドです。

    後期のライヴは半分以上がバラードになっているほどです。

    (アクセルのエルトン・ジョン好きが反映されているのでしょう)

    そんな中、ライヴでずっと定番だった『ペイシェンス』が収録されています。
    口笛からはじまり、やさしく語りかけてくるヴォーカル。
    なかなかの名曲です。

    バンドの歴史上で重要性はさほどありませんが、素通りするには勿体無いアルバムです。

      

  • Posted by グレイトさん at 21:40Comments(0)

    2007年06月23日

    歴史的名盤

    ガンズ・アンド・ローゼズの1枚目、
    『アペタイトフォーディストラクション』。

    ロック史上に残る名盤です。
    たしか世界で1500万枚以上売れたんだよね。


    アクセル、スラッシュ、ダフ、イジー、スティーヴン。
    楽器のできる5人の不良が、勝手なことばかりやってます。

    『破壊欲』とでも訳したらいいのか、アルバムタイトル通りのアメリカン・ハードロック。


    この1枚のアルバムで世界を制し、成功と廃退の旋風を巻き起こしました。


    事件も多く、ワイドショーネタにも事欠かない。
    ロックスターそのもののデカダンスな生きざまが危険すぎて衝撃的。

    そして、ただ純粋にカッコイイ。


    アクセルの独特のカメレオンヴォーカル。
    スラッシュの『弾きたいから弾いてる』だけのギター。


    もっと上手いバンドはいっぱいある。
    もっと上手いミュージシャンはいっぱいいる。
    もっと良い曲はいっぱいある。

    ですが、こんなにカッコいいバンドはいません。


    曲、歌詞、ライヴ、ルックス、影響力、著書、事件・・・


    総合で『カッコイイ』。

    1曲目の『ウェルカムトゥザジャングル』がバンドの真骨頂。

    『しゃななななななななななななにぃ〜ずにぃ〜ず』です。


    ポジティブもネガティブも、成功も失敗も、幸福も不幸も、人間の持っているエネルギーを全てぶっこみ、ゴッタ煮にしたものを散弾銃にこめて至近距離からぶっ放してきて、腹を抱えて笑っているようなバンド。


    みんなそれなりに良い子で、そこそこカッコ良くて、話題にならないけど問題にもならない。
    周りに合わせて目立たないのが『大人』である証拠。

    そんな今の時代にこそ、こんなバンドにいて欲しいと思うのです。  

  • Posted by グレイトさん at 21:40Comments(1)