たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年06月04日

歌舞伎町から超鋼鉄重低爆音

ストラッピング・ヤング・ラッドの2ndアルバム・・・と言っても有名じゃないっすね。
デヴィン・タウンゼンドというアーティストのプロジェクトです。
デヴィン・タウンゼンドはスティーヴヴァイのアルバム『セックス&レリジョン』でヴォーカルをつとめたアーティストですが、ギターもキーボードもプロデュースもバリバリこなすマルチプレイヤー。凄いです。

ドラムはデスメタルバンド『デス』でならしたジーン・ホグラン。
ライヴ映像なんかで観るとホントに壮絶で、『コイツ、体に何か埋め込んでるんじゃないか』と疑うほどでした。

このアルバムは『ヘビメタ』という言葉で連想される要素が全て詰め込まれていて、しかも極限状態にまでレベルアップさせてあるような感じです。洪水のように音数が多く、まさに轟音。
しかし全ての楽器の音が聴こえる驚異のミキシング。ひたすら凄い。
『なんか凄いの聴かせて』と言われたらニヤリとしてこのアルバムを差し出します。
そして『よく聴けよ』と言いますね。

私が初めてこのアルバムを聴いてから10年近く経ちますが、未だにこのアルバムより壮絶なものには出会ってないですね。

  

  • Posted by グレイトさん at 06:05Comments(0)

    2007年06月04日

    メタル・マスター

    メタリカの3rdアルバム『メタル・マスター』です。

    スラッシュメタルは世の中で最もカッコイイ音楽ですが、その中でも歴史に残る名盤がコレです。

    世界一のスラッシュメタルアンセム『バッテリー』にはじまり、リフに次ぐリフで殺される『マスターオブパペッツ』、
    ドラマチックこの上ない『サナタリウム』、聴きもらせない『ディスポーザブルヒーローズ』、『オライオン』・・・
    『リーパーメサイア』とか『ダメージインク』とか、タイトルだけでもカッコイイですね。
    しかし捨て曲ねえな〜!
    全人類が持っていてしかるべきアルバムです。

    ジェイムズ・ヘットフィールドはダウンピッキングしか使わないらしいのですが、マジで?
    この速さはまずいよ。速すぎ。ゼッタイに腱鞘炎になります。あんまり真似しちゃいかんです。


    『メタリカ好き』って言っていて、このアルバムを好きじゃなかったら嘘です。

    でも、メタリカはこのアルバムだけじゃないんだよなぁ・・・。

    それはまたの機会に。

      

  • Posted by グレイトさん at 00:39Comments(0)

    2007年06月01日

    背徳の掟

    メタル!メタル!メタル!
    全編を通してメタル賛歌に溢れた、大人としては非常に残念な一枚。
    メタルキッズ必須アイテムですな。

    このアルバムだったら4曲目。
    いずれはヘビメタ世界遺産に認定されるであろう名曲、ザ・センチネル。
    威厳に満ちたリフ、メリハリのある展開、背筋を伸ばして聴かなきゃいけないような雰囲気。
    一歩間違えると『ダサい』のギリギリのライン。
    でもメタルゴッドにはダサいとか関係ないのだよ。
    信念を貫くことの尊さを感じますね。
    これぞヘヴィメタル。

    ロブ・ハルフォードの凄さは曲に合わせて歌ってみるとわかる。
    ジョーブレイカーのラストで『じょ〜』のあとに『ぶれいかぁ〜〜〜』って、ハイトーンに切り替えるのは凄い難しいんですよ。
    これをライヴで再現するからなあ。


    こういうアルバムを聴く時は、せっかくだから大音量で聴きましょう。
    誰かに『うるさい!』と言われたら
    『黙って聴け!』と言えばよい。

      

  • Posted by グレイトさん at 08:48Comments(2)