たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年07月04日

ロック名盤

デヴィッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』。

70年代ロックの名盤特集などがあると必ず挙げられるアルバム。
たしかに名盤。

根底にあるのはロックンロール、アルバムの表現方法としては半分がフォークロックです。

このアルバムは『5イヤーズ』から『ロックンロールの自殺者』までがコンセプトアルバムになっていて、
その曲も歌詞も、単なる『音楽』ではなく
『芸術』
のレベルに昇華されているといっても過言ではないです。


“退屈で、滅ぶのを待つだけの地球。
そこに宇宙からやって来た魅惑のロック・スター、ジギー。
ジギーは瞬く間に世界を席巻し、圧倒的な存在感を放つようになる。
しかし、その過激な思想や発言から危険分子とみなされ、『許されぬ存在』とされてしまう。
世界を救った男の、繁栄から転じる最も悲しい結末。
ジギーは退廃の化身と化す・・・”

とまあ、こんな感じのストーリー。
ありがち、といえばありがちですが、やっぱりスゴいんですよ。

デヴィッド・ボウイの
『印象的で特異な声質』
がそれぞれの曲に異なるアプローチをしていて、
『ジギー・スターダスト』
というひとつの叙情詩をカラフルに彩っています。

『ロックンロールの自殺者』における悲痛の叫びはまさにハイライト。
ジギーというキャラクターの苦悩を代弁、というよりは自らをジギーそのものに変貌させて一人称で語りかけてきます。


また、T・REXに捧げた曲である『レディ・スターダスト』の美しさは素晴らしく、最高のグラム・ロック賛美となっています。
英語がわからなくても言葉の響きが非常にキレイで、心に染み入るような感じです。


デヴィッド・ボウイはアルバムを多く出しており、名盤とされるものも数多くあります。
また、時代によって音楽性も異なるので、色々と聴いていくのがよろしいかと。

  

  • Posted by グレイトさん at 07:52Comments(1)