たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年08月02日

素敵ベーシスト

想像してみてください。

お気に入りのオシャレなお店でショッピングしてる時に、突然店員さんが
『ヘビメタで一番素敵なベーシストは?』
と聞いてきたらどうしますか?

困りますよね。

そうなんです。
なかなかスグに答えられないんですよ。

そんな時のためにこの人。

『ギーザー・バトラー』。

言わずとしれたブラック・サバスのオリジナルベーシストです。

このアルバム『プラスティック・プラネット』はブラック・サバスとして活動していない時期にソロプロジェクトで出したアルバムで、
ドラムには歴戦の勇者ディーン・カストロノヴォ、
ヴォーカルにはフィア・ファクトリーのバートン・C・ベルを従えての強烈すぎる一枚。

すっげえヘヴィです。

1990年代半ば、ベテランのメタルミュージシャンがやたらとモダンな音作りをした時期があったんですが、どれもみんなイマイチ『なりきれていない』感じが否めませんでした。

そんな中でこのアルバムだけは見事に『時代の音』を飲み込むことに成功。
大迫力のサウンド。
圧倒的な威力。

ギーザー・バトラー、恐るべしです。



ライヴでのかきむしるようにベースを弾く姿が抜群にカッコよく、もう最高に素敵。
30年前とルックスが変わってないし。

西城秀樹に匹敵するグレイトなダンディです。



と、いうわけで、これでもう安心。
『ヘビメタで一番素敵なベーシストは?』と聞かれたら、

『ギーザー・バトラー!』

と元気に笑顔で答えましょう。  

  • Posted by グレイトさん at 12:34Comments(1)

    2007年08月02日

    テロリストバンド

    インダストリアル最強のミニストリーと
    知的パンク・ハードコア最強のジェロ・ビアフラ。

    そんなふたつの最強がタッグを組んだ『ラード』。

    出来上がった最強のアルバムはコチラ。
    『ラスト・テンプテーション・オブ・リード』です。


    喋りまくるようなビアフラのヴォーカルとアオるようなミニストリーの曲がハンパじゃなく相性抜群。
    アドレナリンが吹き出す即効性は凄まじいモノがあります。


    歌詞はさすが、一流のパンク。


    ※目のある奴なら見るだろうし
     耳のある奴なら聞くだろう
     神の啓示を
     敵に対して
     これからの世界は
     子供たちのものじゃ


    ※性的全体主義者の更生組と
     清教徒ヅラしたスケベ野郎め
     頭に叩き込めよ
     どんなに多くの書物を発行禁止にしようと
     どんなに多くのレコードを燃やそうと
     生殖信仰の種は
     太古の昔からすでに蒔かれているんだ


    歌詞だけだとちょっとわからないっすね。

    このヴォーカルのジェロ・ビアフラは発言が過激すぎて、アルバムの発売禁止や演説を警戒されたりなど、まあヤリ玉に上げられている感じの人なんですね。
    なんせもとのバンドが『デッド・ケネディーズ』というくらいですので。


    内容はとにかく過激なインダストリアル・パンク。
    危険な香りをまきちらして、挑発的な曲のオンパレード。
    これ系が好きな方にはゼッタイオススメ。
    裏切らない内容です。

    そして、このアルバムの前に3曲入りシングル(とはいえ40分以上)があります。
    それもまた必聴ですよ。  

  • Posted by グレイトさん at 00:28Comments(1)