たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年09月16日

ソロ第2弾

ホワイト・ゾンビを解散し、ソロ・アーティストになったロブ・ゾンビの2作目。
『ザ・シニスター・アージ』です。

前作同様、徹頭徹尾ゾンビ・テイストのインダストリアル・ヘヴィ・ロック。

とはいえ今まで通りのサウンドでカタログを1枚増やしただけではありません。
さらに進化してダイナミックな音作りをし、ライヴ感のある生演奏がダイレクトに響いています。

相変わらずエンターテイメント性が抜群で派手な一枚ですが、このクオリティを生み出すには豪華なゲスト・ミュージシャンの存在も忘れるわけにはいきません。

説明不要、『ローIQ・ハイエナジー』のモトリー・クルーのドラマー、トミー・リー。
リンプ・ビズキットのDJリーサル。
スラッシュ・メタル最速最重量最強のスレイヤーからケリー・キング。
ビースティ・ボーイズのDJとして有名なミックス・マスター・マイク。
そして特筆すべきは言わずとしれたヘヴィ・メタルの帝王、オジー・オズボーン。

いやぁ、豪華絢爛とはこのことですね。


ロブ・ゾンビの曲は誤解を恐れずにいうと『ポップ』で『キャッチー』。
ヴォーカルは確かに咆吼するスタイルながら、サビ部分などは一緒に歌える『掛け声』的な明るさを持ち、コミカルですらあります。

このアルバムもゴタブンにもれずその部類で、3曲目『デッド・ガール・スーパースター』などはその顕著な例でしょう。
映画『MIー2』のサントラに提供した『スカム・オブ・ジ・アース』なんかもオススメです。

ダミ声に抵抗がなければ、ノリノリで聴けるはず。

  

  • Posted by グレイトさん at 00:55Comments(0)