たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年09月17日

ソロ第3弾

ロブ・ゾンビの『エデュケイテッド・ホーセズ』。
ソロ3作目です。

バンド時代から極めてきたインダストリアル・ヘヴィ・ロックからさらなる進化を遂げ、音楽性が変化。

デスメタルバンドなんかだとよく『オリエンテッドなヘヴィメタル化』がありますが、ここで聴けるのは
『深みのある新たな涅槃の境地』へと変貌した音作り。

パッと聴いてわかりやすい『破壊力』は身を潜め、壮厳でダークな雰囲気で彩られた、いわばインダストリアル・ゴシック・ロックです。

おそらくバンドメンバーにマリリン・マンソンとの仕事で知られるジョン5が加入していることがこのサウンドの変化に少なからず影響を及ぼしているのでしょう。
事実、マリリン・マンソンのアルバム『メカニカル・アニマルズ』あたりの雰囲気と共通する部分は多々あります。

もちろん根底にあるポップさ、聴きやすさ、とっつき易さは相変わらず。
往年のゴリゴリ・ヘヴィ・ロックを求めると肩透かしを喰らう面もありますが、『表現の幅を広げた』という解釈ができればそれで間違いありません。

とはいえ『アメリカン・ウィッチ』『レット・イット・オール・ブリード・アウト』あたりは『広がりのあるゴリゴリ』。
『ゾンビ・ワールド』の新アトラクションであることは確かです。


  

  • Posted by グレイトさん at 08:05Comments(0)