たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年10月04日

インギー

『イングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォース』の『オデッセイ』。
そんなに太ってない頃ですね。

ヴォーカルは言わずと知れた、元レインボーの
ジョー・リン・ターナー。

レインボー〜ライジングフォース、というキャリアはすなわち
リッチー・ブラックモア〜イングヴェイ・マルムスティーン、という
『ハードロック界・2大変わり者ギタリスト』のバンドを歴任することであり、非常に名誉ある、そして勇気ある、そして気苦労が絶えなかったであろう行為ですね。
偉いぞ、ジョー・リン・ターナー。


なんとなく、レインボー時代のジョー・リン・ターナーは『強い個性云々』というより『バンドの和を保つための実力派』という印象だったんですが・・・
このライジングフォースではイングヴェイ・マルムスティーンのギターと並んで2枚看板になっている感じがします。
モチロン、ギターが強いのには変わりませんが。


指動いてんな〜、の1曲目『ライジング・フォース』
いかにもアメリカ意識な2曲目『ホールド・オン』
夏のドライブに最適な3曲目『へヴン・トゥナイト』
イントロなげぇ。しかもその展開?の6曲目『ライオット・イン・ザ・ダンジョンズ』
迫力あるインストの11曲目『クラカト』

などなど、なかなかバラエティ豊かな構成で楽しめるのですが、中でもイチオシは10曲目

『ファスター・ザン・ザ・スピード・オブ・ライト』。

こーゆーことをやるから嫌い、という話も良く出ますが
『イングヴェイ節』モロ炸裂、本気の1曲。
とりあえず聴いてみればいいじゃない。

  

  • Posted by グレイトさん at 09:25Comments(2)