たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年10月05日

デスメタル界の歴史的名盤

このCDのオビにはこう書いてあります。

『あなたの琴線に触れる。』

さて、どんなバンドを想像しますか?


心臓に直接響くリフの応酬。
ハッとするドラマチックな曲展開。
切れ味鋭い慟哭のメロディ。
ひたすら美しいツイン・ギターのハーモニー。

全て、このアルバムに入っています。


アーティストは『カーカス』。
アルバムは『ハートワーク』。
ジャンルは『デスメタル』です。


デスメタルで『琴線に触れる』?
と思うじゃないですか。
その疑問に即答しましょう。
『触れます。』
並のメロディック・スピード・メタルのバンドよりよっぽど泣けます。

ビル・スティアーとマイケル・アモット。
2人のギタリストがこの『ハートワーク』でデスメタル界に革命を起こしたのです。

デスメタルの『暴力性』を持ったまま、マイケル・シェンカーにも通じる叙情的な旋律を組み入れていく。
のちに『メロディック・デス』と呼ばれる新しいデスメタルのハシリとも言えます。

事実この『ハートワーク』以降、各国のデスメタルのバンドはこぞってメロディを取り入れるようになり、音質を向上させるようになりました。


デスメタルの歴史上でも、貴重な1枚。
オススメのレベルを超えた、
『エクストリーム・ヘヴィ・ミュージック代表』といえるアルバムです。

さぁヘンな先入観を持たずに、琴線に触れられてください。

  

  • Posted by グレイトさん at 00:29Comments(0)