たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年10月24日

ダーク・トランキュリティ

スウェーデン出身のメロディック・デスメタルバンド
『ダーク・トランキュリティ』。

2枚目のアルバム『ザ・ギャラリー』です。

しかし・・・このブログはあまり正統派のハードロックやヘヴィメタルが出てこないような気がするのだが、気のせいだろうか。
思いのほかデスメタルとかが多くないか?
あとインダストリアル・・・。
なんつーか、『無慈悲』『冷酷』『殺伐』みたいな方向のバンドが多いような。
たしかに私は書いてて楽しいが、果たして読んでて楽しいのか?

・・・まぁいいや。好きなんだから。
自己満足度は相当高いし。
みんなコメントくれたりするし。
アレは嬉しいよね。
ありがとうございます。


さて、アルバムの内容にいきましょう。


CDプレーヤーの再生ボタンを押してわずか1秒。
1曲目『パニッシュ・マイ・ヘヴン』が始まればすぐに奈落の底に到達します。

そこにあるのは凄まじいまでのアグレッションとヘヴィネス。
悲劇的なほどドラマチックな怒涛のリフ展開。
冷酷なまでに暴力的なヴォーカルに、劇的にメロディアスなバンドアンサンブル。


メロディック・デス独特の『美と醜』を、圧倒的な表現力と威力で融合させたスケールの大きいアルバムになっているのです。

ヴォーカリストのミカエル・スタンネは当然『デス声』なのですが、表現力がスゴい。

『世界一、美しいデス声』といえば伝わるでしょうか?
いや、伝わらねーよな。

とりあえずデス・メタルに抵抗がなければ聴いてみていただきたいアルバムです。

ゲスト・ヴォーカルでしょうか、女性の声も入っていて、突如ハッとするメロディを歌ったりします。
これもまた、美と醜のコントラスト。

う〜む、美しい・・・

  

  • Posted by グレイトさん at 23:29Comments(1)