たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2007年12月12日

ヨシュア・トゥリー

U2の歴史的名盤『ヨシュア・トゥリー』。
『一流のバンド』であったU2を
『別格のバンド』にした、素晴らしい一枚です。

ベスト盤ではないのに代表曲が満載、ということからも伺える充実度。

とくに冒頭の3曲
『ホェア・ザ・ストリーツ・ハヴ・ノー・ネーム』
『アイ・スティル・ハヴント・ファインド・アイム・ルッキング・フォー』
『ウィズ・オア・ウィズアウト・ユー』
は80年代ロックを語る上でも外せない、といっても過言ではないです。

U2はもともとメッセージ性の強いバンドですが、このアルバムでも
4曲目『バレット・ザ・ブルー・スカイ』
9曲目『ワン・トゥリー・ヒル』
など、『魂の叫び』『魂の震え』を聴くことができます。

そんな社会派でありながら、あくまでロックンロールのアーティストであることは間違いなく、
逞しく骨太なスタンスは未だに健在。
だからこそグレイトに好きなバンドなのです。


それにしても、癒し系の代名詞『エンヤ』
ロックねーちゃん率いる『クランベリーズ』
そしてこの『U2』。
アイルランドのアーティストは良いですねぇ。

秘訣はなんといっても『メロディの良さ』でしょう。
『日本人好み』と一言で片付けるには勿体ない、美しく、さらにインパクトのある旋律でございます。

  

  • Posted by グレイトさん at 02:28Comments(1)