たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年01月08日

パワー・オブ・ラード

インダストリアル・ヘヴィ・ロックのゴッドファーザー、
『ミニストリー』の音楽に、
知的ハードコアの孤高の表現者、
『ジェロ・ビアフラ』のヴォーカルをのせた最強ユニット、
『ラード』。

コレはそのデビュー・アルバム『パワー・オブ・ラード』です。

まぁこのジェロ・ビアフラという人はホントに面白いアーティストで、
もともとは『デッド・ケネディーズ』というバンドのシンガーとして世に出ています。
そのバンドも『バンド名が過激過ぎる』という理由でなかなかライヴをやる場所がなかったとか。
サンフランシスコ市長選挙に立候補して善戦したこともあり、
『世直しアーティスト』と言っても過言ではないのでは・・・。

『真面目なのか』というとそうではなく、『真剣』ではあるが手段としてはユーモア満載。
アンダーグラウンド叩き上げのそのパンク精神は
『現実から目をそむけるな』
というテーマで煽るように、そして喋りまくるように歌われます。

今 この国は慰めを求めあぐねている
宗教と化学薬品が将来の鍵を握っている
みんなが寝ているときこそ目覚まし時計にならなきゃ
人生は俺の道場
子守りの子守りは誰がする?
すいませーん、このスープ、中にテロリストがぁ


賢くないとこの言葉は出てこねえです。
1991年のアメリカでこの饒舌さ。
絶賛と顰蹙の嵐、そのど真ん中にいつもジェロ・ビアフラがいるのでしょう。
痛快です。

ちなみにこのアルバムはトータル44分30秒。
そして全3曲。
ツッコミどころ満載です。

  

  • Posted by グレイトさん at 13:56Comments(1)