たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年01月16日

スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド

スキッド・ロウの2枚目。私が思春期だったころのアルバムです。
今聴いても、うん。
やっぱりカッコイイじゃないか。

私の個人的な意見としては、ベスト盤よりもこのアルバムのほうがスキッド・ロウの魅力を最も詰めこんでいると思います。

分類としてはハードロックになるんでしょうが、まぁそんなのはそれぞれ勝手に決めることなのでヨシとしましょう。

基本にあるのはシンプルなロックンロール。
むしろちょっとパンク的な、さもすれば幼稚なノリです。
でもそれがやっぱりカッコイイ。

わかりやすく言うと
エアロスミスの曲をラモーンズの精神でジューダスプリーストがハンサムな顔でやる、といった感じでしょうか。
(わかりやすいか?)


とはいえ曲調は決して一辺倒ではなく、
疾走感と破壊力を求めるなら
『スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド』
『ライオット・アクト』。
うねるようなグルーヴと爆発力なら
『サイコ・ラヴ』。
ミドルテンポで体を揺さぶりたいなら
『モンキー・ビジネス』
『ゲット・ザ・ファック・アウト』。
ライヴでもお馴染みの代表曲が目白押しです。

んでもって、聴いておかなきゃいけないのが
このバンドの極めてナイスな側面である
『泣きのバラード』。
これはホントにもう、スゴく良いんです。
バラードを聴かずしてスキッド・ロウを聴くなかれ、くらいの勢いです。
『クイックサンド・ジーザス』
『イン・ア・ダークンド・ルーム』
『ウェステッド・タイム』。
ん〜、良い。

大人になってもカッコイイと感じるものは変わらないですね。
いや、大人になってないのか。

  

  • Posted by グレイトさん at 09:22Comments(0)