たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年01月29日

TYR

ブラック・サバスの音楽の際どい美しさは、
『呪術的』と『様式的』というの2つの要素が共存することに理由を見つけられます。
そのバランスは主にシンガーによって異なり、
オジー・オズボーンやイアン・ギランは『呪術的』、
ロニー・ジェイムズ・ディオやトニー・マーティンは『様式的』な要素を濃く出しているといえます。

さぁさぁこのアルバム『TYR』。
様式的な完成度の高い、名盤ですよ。

リズム隊のニール・マーレイとコージー・パウエルが流石の仕事で、
『尊厳』『ドラマチック』というヘビメタならではの音楽性を惜しげもなく披露。
実力折り紙付きのトニー・マーティンの歌も良いです。

全体を通して聴くと効果的に配置されたバラード曲が良く、叙情性を発揮しながら
『静と動』のコントラストを描いてるんです。
慎重に言葉を選んだような北欧神話を題材にしていて、
少しずつ糸のほつれていくような緊張感がありますね。

2曲目『ザ・ロウ・メイカー』なんかは疾走感のあるハードロックとして凄まじくカッコイイです。
しかし本作のハイライトは
5曲目『ザ・バトル・オブ・ティール』
6曲目『オーディンズ・コート』
7曲目『ヴァルハラ』の流れ。
煽るようなアンサンブルは『見事』の一言に尽きます。
素で『うおっ!かっこいい!』ってなります。



さて、私個人の解釈ですが
『ブラック・サバスはオジー・オズボーン』
という考えは正しいです。
しかし、それを理由に素通りするのはあまりにも勿体無いアルバムがいっぱいあるんですよね。
『その時代、そのメンバーだからこそ出来たブラック・サバス』を大切にしたいものです。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:34Comments(0)

    2008年01月16日

    スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド

    スキッド・ロウの2枚目。私が思春期だったころのアルバムです。
    今聴いても、うん。
    やっぱりカッコイイじゃないか。

    私の個人的な意見としては、ベスト盤よりもこのアルバムのほうがスキッド・ロウの魅力を最も詰めこんでいると思います。

    分類としてはハードロックになるんでしょうが、まぁそんなのはそれぞれ勝手に決めることなのでヨシとしましょう。

    基本にあるのはシンプルなロックンロール。
    むしろちょっとパンク的な、さもすれば幼稚なノリです。
    でもそれがやっぱりカッコイイ。

    わかりやすく言うと
    エアロスミスの曲をラモーンズの精神でジューダスプリーストがハンサムな顔でやる、といった感じでしょうか。
    (わかりやすいか?)


    とはいえ曲調は決して一辺倒ではなく、
    疾走感と破壊力を求めるなら
    『スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド』
    『ライオット・アクト』。
    うねるようなグルーヴと爆発力なら
    『サイコ・ラヴ』。
    ミドルテンポで体を揺さぶりたいなら
    『モンキー・ビジネス』
    『ゲット・ザ・ファック・アウト』。
    ライヴでもお馴染みの代表曲が目白押しです。

    んでもって、聴いておかなきゃいけないのが
    このバンドの極めてナイスな側面である
    『泣きのバラード』。
    これはホントにもう、スゴく良いんです。
    バラードを聴かずしてスキッド・ロウを聴くなかれ、くらいの勢いです。
    『クイックサンド・ジーザス』
    『イン・ア・ダークンド・ルーム』
    『ウェステッド・タイム』。
    ん〜、良い。

    大人になってもカッコイイと感じるものは変わらないですね。
    いや、大人になってないのか。

      

  • Posted by グレイトさん at 09:22Comments(0)

    2008年01月13日

    トータス松本

    トータス松本。
    いわずと知れたウルフルズの『顔』ですね。

    そんなトータス松本がソロ名義で出した
    リズム&ブルースのカヴァーアルバム、
    『トラベラー』です。

    昔の曲を斬新な解釈で・・・とか、
    流行りの音に大胆にアレンジ・・・とかは一切ナシ。
    とにかく原曲を愛し、敬意を持って全力でカヴァー。
    堂々と真っ向から歌うこのサムライっぷりがホントに素晴らしい。
    シンガーとしての魅力と懐の深さを感じられるアルバムです。

    何が最高って・・・なんといっても自然体。
    で、『この曲を歌うのが好きだぁ〜』
    っていう、裏表のない気持ちがバシバシ伝わってくる。
    これはまさにロックンロール・ソウルですよ。
    そして本物だからカッコイイんですね。


    最近は邦楽、洋楽を問わず、イマイチ敬意を感じない安易なカヴァーが多いような気がします。
    やたら商業的というか・・・なんか残念。
    そうじゃねえだろう、ソレは人のワラジを履いてるだけだろう、みたいな気がしてしまうんですね。
    徳永さんの『VOCALIST』シリーズは好きですけど。

    まぁ何にせよ、このトータス松本の雰囲気は良いです。
    器用なような、不器用なような、
    形容しやすいような、しにくいような、
    真似できそうな、できなさそうな。
    とにかくソウルフルで、温かいです。

      

  • Posted by グレイトさん at 08:03Comments(1)

    2008年01月10日

    ヘイト・クルー・デスロール

    フィンランド発、最強のメロディック・デス・メタル・バンド
    『チルドレン・オブ・ボドム』。
    通算5枚目のアルバム『ヘイト・クルー・デスロール』です。

    ギター兼ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボード、という5人編成で非常に音数が多いのですが、
    確かなテクニックに裏付けされたタイトな演奏がそれぞれのパートを際立たせて素晴らしいモノにしています。
    その比類なきサウンドは他のメロディック・デス・メタル・バンドの追従を許さず、
    スピードとパワーは勿論のこと、攻撃力、破壊力、そして美しさに至るまで極限まで突き詰められています。
    大袈裟に聞こえるかも知れませんが、ホントなんです。

    暴力的なリフがガンガンと叩きつけられる中に、
    鋭利な旋律がズバズバと切りつけてくる、
    そしてそれが洪水のように容赦なく押し寄せる。
    このアグレッションとブルータリティは、最大の賛辞として
    『スレイヤーのようだ』
    といいたいですね。


    まさに『美しさ』と『狂気』の融合です。


    バンドの中心となっているのはギター兼ヴォーカルの
    『アレキシ・ライホ』。
    ソングライターとしてもプレーヤーとしても、さらにはルックスまでも一流。
    『北欧ヘヴィ・メタルの皇帝』とでも呼ぶべき人物ですぞ。


      

  • Posted by グレイトさん at 08:14Comments(0)

    2008年01月09日

    ナイトウィッシュ

    シンガーは女性で、本格的なオペラ唱法。
    シングルやアルバムなど、音源をリリースすると必ずチャート1位になる。

    ・・・ってなってたら誰もヘビメタの話だとは思うまい。
    フフフ。
    ところがコイツがヘビメタなんです。
    そう、ヘビメタってスゲー幅広いんだぜ。
    ヘビメタをナメちゃあいけねぇやね。

    そのバンドこそは『ナイトウィッシュ』。
    フィンランドが誇る、シンフォニック・ヘヴィ・メタルの最高水準です。

    んでもって『シンフォニック・ヘヴィ・メタル』とは。
    なかなか聞かない響きかも知れませんが、まぁ言葉の通り。
    クラシック的な響きのある壮重で大仰な音楽性で、鍵盤楽器プレーヤーがサウンドの鍵を握っていることが多いですね。
    そこにドタタタタタタタタとドラムが入って、
    ベベベベベベベベベベベンとベースが入って、
    ザクザクザクザクザクザクとギターがはいって、要はヘビメタですよ。


    このアルバム『ベスト・ウィッシーズ』は初期の4枚のアルバムからヒット曲を選出した企画盤。
    『入門編』として、はたまた『ちょっと興味あるぜ編』としては最適のアルバムです。

    やっぱり特筆すべきはシンガー、『ターヤ・トゥルネン』さん。
    ドイツにオペラ留学したほどの本格派で、バンドとは別にオペラ・シンガーとしても活躍している実力派。
    並のメタル・シンガーでは立ち打ちできません。
    寂しいことに後にバンドからいなくなってしまうのですが・・・。

    とにかく1曲目『スターゲイザーズ』がはじまった瞬間、
    『おい、本気だな!』ってなりますよ。

      

  • Posted by グレイトさん at 02:42Comments(0)

    2008年01月08日

    パワー・オブ・ラード

    インダストリアル・ヘヴィ・ロックのゴッドファーザー、
    『ミニストリー』の音楽に、
    知的ハードコアの孤高の表現者、
    『ジェロ・ビアフラ』のヴォーカルをのせた最強ユニット、
    『ラード』。

    コレはそのデビュー・アルバム『パワー・オブ・ラード』です。

    まぁこのジェロ・ビアフラという人はホントに面白いアーティストで、
    もともとは『デッド・ケネディーズ』というバンドのシンガーとして世に出ています。
    そのバンドも『バンド名が過激過ぎる』という理由でなかなかライヴをやる場所がなかったとか。
    サンフランシスコ市長選挙に立候補して善戦したこともあり、
    『世直しアーティスト』と言っても過言ではないのでは・・・。

    『真面目なのか』というとそうではなく、『真剣』ではあるが手段としてはユーモア満載。
    アンダーグラウンド叩き上げのそのパンク精神は
    『現実から目をそむけるな』
    というテーマで煽るように、そして喋りまくるように歌われます。

    今 この国は慰めを求めあぐねている
    宗教と化学薬品が将来の鍵を握っている
    みんなが寝ているときこそ目覚まし時計にならなきゃ
    人生は俺の道場
    子守りの子守りは誰がする?
    すいませーん、このスープ、中にテロリストがぁ


    賢くないとこの言葉は出てこねえです。
    1991年のアメリカでこの饒舌さ。
    絶賛と顰蹙の嵐、そのど真ん中にいつもジェロ・ビアフラがいるのでしょう。
    痛快です。

    ちなみにこのアルバムはトータル44分30秒。
    そして全3曲。
    ツッコミどころ満載です。

      

  • Posted by グレイトさん at 13:56Comments(1)