たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年02月28日

インフィニティ

世の中のヘビメタ好きの皆さんに問いたいですよ。

ヘビメタ好きな人って、なんでヘビメタ好きなんですかねぇ。

やっぱりあの重低音ですかね。
激しい曲調ですかね。
巧みなテクニックですかね。


いろんな要素があると思うのですが、人それぞれ、理由が違うと思います。
まぁヘビメタに限らないんですけどね。


私は、ヘビメタの魅力として『大衆性のなさ』もあると思います。
大ヒットとは無縁で、どっかアングラな雰囲気。
『みんなが好き』ではないというステータス。
ポップス全盛の時代にヘビメタばっかりを聴いていると『ちょっと変わり者』になれるんです。
そんな、迫害されているコアな音楽。
これは魅力ですね。


そんなヘヴィミュージックの申し子がこのデヴィン・タウンゼンド。

ある時にはデスメタル。
またある時にはヘヴィ・パンク。
ある時にはアンビエント・メタル。
またある時には激重怒号メタル。

数多くのプロジェクトを持ち、あらゆる形のヘヴィ・ミュージックをぶちかましてくれる、
まさしく『鬼才』です。


この『インフィニティ』は文字通り無限の広がりをサウンドにした名盤で、
キレイめで爽やか、伸びがありながらちょっと内省的。

中でも2曲目『クリスティーン』のポップさのあるヘヴィさはスゴいです。
これは抜群に名曲。

3曲目『バッド・デヴィル』のAメロは、
恐らく史上最も低い声で歌われた歌でしょう。
この曲もハンパじゃなくカッコイイ。


重さ、激しさ、すさまじさ、美しさ、醜さ。
ヘビメタの要素『全部入り』の一枚です。

  

  • Posted by グレイトさん at 11:34Comments(1)