たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年03月04日

ブリング・エム・バック・アライヴ!

ハードロック界きっての暴れん坊将軍、
セバスチャン・バック。

スキッド・ロウ脱退後にソロとしてのキャリアをスタートさせてのライヴ・アルバムです。
この頃は数多くのプロジェクトや企画アルバムには参加しているものの、正式なソロアルバムは出していないので
スキッド・ロウの曲が大半、という選曲になっております。

ライヴは東京でのもの
(新宿リキッドルームかどこかだったと思います)
で、曲中やMCの随所で『トーキョー』というフレーズが出てきます。
コレはやっぱり、日本人としてなんだか嬉しい。


いやしかし、最も嬉しいのはこのアルバム自体の存在なんですよ。

なんせスキッド・ロウが活動休止してからしばらくの間、本当に何も音沙汰がなかったんですね。
んで、いざニュースが入ってきたと思えば
『セバスチャン・バック脱退』ですよ。
あのマイクをブンブン振り回す姿をもう見れないかと思うと、スッゴい寂しかったわけです。

そしてまたしばらく待って・・・
このアルバム。
コレは非常に嬉しかったのを覚えています。


CDをかけてイキナリ新曲が1発。こいつがヘヴィでカッコイイ。
そして2曲目からが本編のライヴ。
当然『スレイヴ・トゥ・ザ・グラインド』でスタートして
のっけからボルテージはMAXを超えてしまいます。
思わずヨダレだらだら。顔はにやにや。
もう戻れない。
もうロックンロールの荒波にさらされていくだけだ。
すんげぇカッコイイもん。

そして15曲目、名バラード『アイ・リメンバー・ユー』のエモーショナルっぷりはホントに涙モノ。
ぜひとも聴いてくださいな。

  

  • Posted by グレイトさん at 00:56Comments(0)