たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年05月14日

シーズンズ・イン・ジ・アビス

『スラッシュ・メタルだけど、何か文句があるのか?』
と、言わんばかりの抜群の攻撃性。
『曲、早いけど、何か文句があるのか?』
と、言わんばかりの絶対的な信頼性。
『スレイヤーだけど、何か文句があるのか?』
と、言わんばかりの孤高のカリスマ性。


そう、エクストリーム・ヘヴィ・ミュージック界の帝王、スレイヤーです。


買物をしようとデパートに出掛けました。
すると、エスカレーターの前に迷子になってしまったチビッコがいます。
『えーんえーん。ママとはぐれちゃったー。えーんえーん。』
チビッコは泣いています。
そんなとき、こう言うのです。

『大丈夫だよ。さぁ、このCDを聴いてごらん。』


きっとそのチビッコは大泣きするでしょう。
でもそれは、ママとはぐれてしまって泣いているのではありません。

そう、1曲目『ウォー・アンサンブル』に感動して泣いているのです。
こんな素晴らしい曲が世の中にあるんだ、と。
これがスラッシュ・メタルの魅力だ、と。
私はこれを聴くために生まれて来たのだ、と。

チビッコは迷子になった寂しさも忘れ、取り憑かれたように激しくヘドバンすることでしょう。

これこそが紛れもなくスレイヤーの魅力。
『泣く子を泣かす』、スレイヤーの真骨頂です。


曲が全部同じに聴こえる。
バタバタしすぎて何をやってるんだかわからない。
イメージ的に怖い。

その通り。

だってヘビメタの、最もヘビメタらしい部分を極限にまで突き詰めたモノですから。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:49Comments(0)