たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年05月31日

バイ・ナウ・・・セイヴド・レイター

『ワン・ミニット・サイレンス』。

まずこのバンド名の響きがかなりカッコいいと思うのです。
日本語で言うと『黙祷』。
なんか、スッゴい深みがあるような感じじゃないですか。


リンプビズキット、コーンなどのバンドに代表されるように、
いわゆる『ラウド系』はアメリカのイメージが強いのですが、
このワン・ミニット・サイレンスはイギリスのバンド。
しかもアメリカでも高く評価されている、という実は意外と珍しいパターンです。
やるじゃん、ワン・ミニット・サイレンス。

まぁそれもそのはず、聴けば一発でわかるこの威力。
主導権を持って曲をグイグイ引っ張っていくベース、
鋭利な刃物のようなザクザクしたリフを刻むギター、
タメを活かして破壊力を生むドラム、
攻撃的にラップしたり、妖しく囁いたり、激しく歌い込んだり、表現力のあるヴォーカル。

とにかく『静と動』のコントラストがスゴくて、
しかもそれらが一体となって音の塊をガンガン投げつけてくるような、
破壊力と整合感のあるヘヴィ・ロックです。
カッコいいですねぇ。

湿っぽくて憂いのある奥深さも持ち合わせており、
そのへんがなんというか『イギリスらしさ』みたいなものを感じます。


しかし、
『ワン・ミニット・サイレンス、好きっす』
『いいよねぇ』
っていう会話を人としたことがないなぁ。
エンターテイメントとして、けっこう優れていると思うんだけど。

  

  • Posted by グレイトさん at 07:22Comments(0)