たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年07月09日

ポルノグラフィティ

エクストリームの人気を決定づけた出世作、
『ポルノグラフィティ』です。

なんせまぁこのアルバム、流石なんです。
そりゃまあ、なんとも素敵なんです。

全米No.1ヒット曲『モア・ザン・ワーズ』をはじめ、
代表曲が目白押し。
代表曲と呼ばれる曲じゃなくても、カッコ良い曲が目白押し。
素敵なギターソロが目白押し。
イカしたメロディが目白押し。
ノリノリのハード・ロックが目白押し。
ファンクでメタルでポップでマッスルなナイス・ソングが目白押し。
とにもかくにも、目白押し、目白押し、目白押し。
目白を押すわけですよ。
(よくわからないけど)

エクストリームですからね。もちろんスーパー・ギタリスト、
『ヌーノ・ベッテンコート』のアツいプレイが聴けるわけです。

アメリカンな乾いた音がファンキーさに拍車をかけて、
とにかく『いいカンジ』。雰囲気も最高なんですね。
テクニカルでありながら厭味がなく、その総合的なカッコ良さは抜群です。
ホントに、こんなギタリストは他にいません。


1曲目『デカダンス・ダンス』から全開で飛ばしており、
メタル耳にも文句なしの豪快なリフや縦横無尽のギター・ソロ。
超・うめぇ。
歌のコーラスもゴージャスで
『ゲット・ザ・ファンク・アウト』なんて親戚一堂でも歌いたいし、
『イッツ・ア・モンスター』のグイグイ引っ張るエネルギーはたまらなく前向き。
それでいてバラードも秀逸・・・

エクストリームに死角なしですね。


『俗っぽさ』がなくてノリが明るいので、海岸線なんかを走る時にも合いますね。
134号線をボコボコの汚い車(不可抗力ですが)で、
エクストリームを聴きながら、辛口のジンジャーエールでも飲みながら。

まぁどんなシチュエーションでも構いませんが、
『あ〜、なんかカッコいいのを聴きたいなぁ』
と思ったら、とりあえずコレをいっときゃ間違いはないですよ。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:58Comments(0)