たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年07月24日

デモリション・マン

スティング。
大英帝国の誇る世界最高のシンガーです。
大袈裟でなく、神に選ばれし声の持ち主で、
その素敵さには一遍の曇りもございません。

コチラはそのスティングの歌う、映画『デモリション・マン』の主題歌。
さらにそれに1993年、イタリアでのライヴ音源5曲を収録した、
素晴らしくナイスなミニ・アルバムです。

題曲『デモリション・マン』は挑発的なリフがカッコ良く、
スティングの煽るような声ががゾクゾクさせる佳曲です。
もし私がプロレスラーだったら、この曲で入場します。
そのくらい、テンションの高い1曲ですよ。


そして2曲目からはその『最高の声』はもちろん、
素晴らしいバンドと素晴らしい雰囲気を堪能できるライヴ。

ポリス時代の超・名曲
『キング・オブ・ペイン』。

『レオン』をはじめ、数々の映画の名場面を演出した
『シェイプ・オブ・マイ・ハート』。

ミュージシャンシップがライヴ映えする
『ラヴ・イズ・ストロンガー・ザン・ジャスティス』。

代表曲のひとつで『カッコイイ大人の空気』が溢れている
『イッツ・プロバブリー・ミー』。

そしてかのビートルズの有名曲
『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』。


なんせロックはライヴが一番なんで、
ホントに理屈なんていらないんですよ。
唯一の基準は『カッコイイかどうか』。
それだけです。

そしてカッコイイからそれでいいんです。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:33Comments(2)