たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年07月31日

オーシャン・マシーン

ヘヴィ・ミュージック界の寵児、デヴィン・タウンゼンドのプロジェクト
『オーシャン・マシーン』。
アルバムは『バイオメック』です。

ひとことで言うならば
『世界で最もヘヴィなヒーリング・ミュージック』
でしょう。


ヴォーカルは逞しく丁寧な歌い込みと、張り裂けんばかりの絶叫。
ギターはザクザクと押し寄せる波のように絶え間なく、
ベースは往年のモーターヘッドのようにバキバキに歪んでブンブン鳴り、
重厚なドラムもまさしくヘヴィ・ミュージックのもの。


それでは『どこがヒーリング?』と考えさせられますが、
これが実に素晴らしいのです。

最大の要因はキーボードやエフェクターによる空間の広げ方が抜群に巧いことですが、
その鍵盤の心地よくも巧みなフォローで全体の印象を柔らかくしながら、
それでいて各パートが際立って聴こえるという驚異のミキシングも見逃せません。

完成型をハッキリ頭の中に持っているデヴィン・タウンゼンドが、
自らプロデュースすることでこの完成度を誇るのでしょう。

誤解を恐れずにいうと、有名なところでは
エンヤの『ウォーターマーク』の音に近いかと思えます。
ああいった、みずみずしさの溢れる感じです。
(あくまでヘヴィ・ロックですよ)


2曲目『ライフ』のヘヴィで美しいアルペジオ、
3曲目『ナイト』の不響ギリギリでいながら開放感の溢れる音は
まさしくデヴィン・タウンゼンド。
またアルバム中盤に位置する
7曲目『ヴォイセズ・イン・ザ・ファン』 8曲目『グリーティングス』
9曲目『レギュレイター』
は、独立した曲をメドレー風に聴かせる秀作です。

しっとりとしながらヘヴィ、ラストは綺麗なバラード・・・
と、思ったら覚醒の絶叫。
深いです。

  

  • Posted by グレイトさん at 12:15Comments(0)