たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年08月19日

ライヴ・ライト・ヒア・ライト・ナウ

アメリカン・ハード・ロックの理想郷、ヴァン・ヘイレン。
1993年のこの頃は、とにかくサイコーに脂が乗っており、
まさに『向かうところ敵ナシ』。
異論を聞く必要なし、
議論の余地なし、
正真正銘、
世界最強、
世界最高の
ダイヤモンド・ハード・ロック・バンドなのです。


このアルバム『ライヴ・ライト・ヒア・ライト・ナウ』は
そんな最高っぷりをパーフェクトに伝えてくれる、文字通りのライヴ盤。
しかも嬉しいことに、聴きごたえバッチリの2枚組。


部屋を暗くして、ボリュームをガンガン上げて聴けば、
そこは『幸せハード・ロック空間』が広がることでしょう。

そう、ヴァン・ヘイレンのスゴさはまさしくここにあります。
スタジオで作り込まれたクオリティの高い楽曲。
それを再現するだけでも通常は難しいのに、
かなりパワフルにガツガツ演奏して、
よりいっそう凄まじいカンジに仕上げてくれるんです。

つまり、
『ライヴ・バージョンのほうがカッコイイ』。
これに尽きます。

この頃のシンガーはサミー・ヘイガーですが、
『ジャンプ』『エイント・トーキン・アバウト・ラヴ』
『パナマ』『ユー・リアリー・ガット・ミー』といった
デヴィッド・リー・ロス時代の代表曲もやっており、
かなり満足のいく選曲であることも嬉しいですね。


やっぱロックはライヴが一番です。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:03Comments(0)