たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年08月26日

ハウジズ・オブ・ザ・モーレ

インダストリアル・ヘヴィ・ロックの重鎮、ミニストリー。

硬派なトランスにスラッシュ・メタルを混ぜ、
ジャンク風に仕立て上げるのがインダストリアル。

つまりは打ち込みの冷徹なビートにディストーションたっぷりのギター、
機械処理を施したヴォーカルを展開しているわけです。
破壊力満点。

ですのでヘヴィ・メタルをその響き通り『重金属』と定義するのであれば、
正統派のバンド以上に『ヘヴィ・メタル』であると言えます。


ミニストリーはもともと音楽性が柔軟で引き出しが多く、
ヘヴィ系が好きな人間には幅広く対応しているアーティストです。
さらにこのアルバムではストレートな曲が多く、パンク・ハードコアの領域にも踏み入れています。
純粋に『早い曲』がこれだけ並ぶのはミニストリー史上でも初めてのことであり、
『最も過激なアルバム』といえますね。


そんな中、1曲目『ノー・W』では、オルフの『カルミナ・ブラーナ』をフューチャーして
クラシックとの融合を果たしています。

このセンスは秀逸で衝撃的。
攻撃力、破壊力、煽動力を格段に増加させながら完成度を高め、
インダストリアルの尊厳さを圧倒的なものにしている佳曲です。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:24Comments(0)