たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年09月22日

デス・マグネティック

2008年9月です。
ヘヴィ・メタル界を襲う超高性能の爆撃です。
待望すぎる一枚です。

そう、絶対王者メタリカによる、
『デス・マグネティック』です。

リリース前から評判になっていた通り、1980年代のアルバム
『ライド・ザ・ライトニング』
『マスター・オブ・パペッツ』
『アンド・ジャスティス・フォー・オール』
の3枚の頃に近い雰囲気。

緻密で繊細ながらも、悪魔のように大胆。
息が詰まるほどタイトにまとまっていながらも、呪縛から目覚めたような解放感。
切れ味は鋭くアグレッシブでありながらも、聴かせどころを押さえた熟練の妙。
言わば、ゴルゴ13のようなアルバムですね。
とにかく素晴らしいヘヴィ・メタルが、これでもかこれでもかと展開されます。


たしかに『ライド・ザ・ライトニング』を彷彿させる部分や
『マスター・オブ・パペッツ』に通じる部分が多くあるのですが、
私としては『アンド・ジャスティス・フォー・オール』が一番近いと感じるんですよね。
まぁ、メタリカは常に素晴らしいアルバムを出していましたし、
ヘヴィ・メタル・バンドとしてだけでなく色々な要素を含んでいるバンドなので、
一言に『○○のようだ』と言ってもそれが奥深いです。
ですのでこのアルバムも、もしかしたら人によってまったく違う印象なのかもしれません。

でもそんな細かい理屈なんてどーでもいいんです。
少なくとも、私の求めるメタリカはここにあります。
それが一番。
それで充分。
ああ〜、カッコいい。

  

  • Posted by グレイトさん at 07:57Comments(0)