たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年09月22日

デス・マグネティック

2008年9月です。
ヘヴィ・メタル界を襲う超高性能の爆撃です。
待望すぎる一枚です。

そう、絶対王者メタリカによる、
『デス・マグネティック』です。

リリース前から評判になっていた通り、1980年代のアルバム
『ライド・ザ・ライトニング』
『マスター・オブ・パペッツ』
『アンド・ジャスティス・フォー・オール』
の3枚の頃に近い雰囲気。

緻密で繊細ながらも、悪魔のように大胆。
息が詰まるほどタイトにまとまっていながらも、呪縛から目覚めたような解放感。
切れ味は鋭くアグレッシブでありながらも、聴かせどころを押さえた熟練の妙。
言わば、ゴルゴ13のようなアルバムですね。
とにかく素晴らしいヘヴィ・メタルが、これでもかこれでもかと展開されます。


たしかに『ライド・ザ・ライトニング』を彷彿させる部分や
『マスター・オブ・パペッツ』に通じる部分が多くあるのですが、
私としては『アンド・ジャスティス・フォー・オール』が一番近いと感じるんですよね。
まぁ、メタリカは常に素晴らしいアルバムを出していましたし、
ヘヴィ・メタル・バンドとしてだけでなく色々な要素を含んでいるバンドなので、
一言に『○○のようだ』と言ってもそれが奥深いです。
ですのでこのアルバムも、もしかしたら人によってまったく違う印象なのかもしれません。

でもそんな細かい理屈なんてどーでもいいんです。
少なくとも、私の求めるメタリカはここにあります。
それが一番。
それで充分。
ああ〜、カッコいい。

  

  • Posted by グレイトさん at 07:57Comments(0)

    2008年09月19日

    エッセンシャル

    音楽史に名を残す、誇り高きアーティストの代表曲、ヒット曲を網羅したシリーズ
    『エッセンシャル』。

    マイケル・ジャクソンやボブ・デュランなど、
    長年に渡り人気を博しているアーティストにのみ許されている企画盤です。


    と、なるとこのバンドは?


    『キリストって人気あるよね』
    『ブッダって人気あるよね』
    『マホメットって人気あるよね』

    ・・・そんなこと言わないじゃないですか。
    だって『神』ですもの。

    つまりこのバンドもまた、人気とかそんなレベルじゃないんです。

    健全な日常生活に、当たり前に根付いている
    『ヘヴィ・メタルを聴く』
    という文化。
    それは即ち、
    『ヘヴィ・メタルを信仰する』
    ということに言い換えられます。

    では、そのヘヴィ・メタルの現人神は誰なのさ?

    ジューダス・プリーストしか、いないっしょ〜。
    ねぇ。
    トーゼン、エッセンシャルも出るわけです。

    と、いうわけで今日のお勉強は『ヘヴィ・メタルの3大定義について』です。

    元祖・・・ブラック・サバス
    帝王・・・オジー・オズボーン
    神・・・ジューダス・プリースト

    ちなみに『帝王』はバンド単位だとスレイヤーのことを指します。
    スラッシュ・メタルの帝王、という感じで使ってね。


    話が彼方に逸れましたが、このアルバム。
    入門編には最適。
    ライヴ対策にも最高。
    まぁとにかく、ベストらしいベストです。
    地球に産まれたからには、
    無条件で持っていればいいじゃないですか。

      

  • Posted by グレイトさん at 09:12Comments(0)

    2008年09月11日

    ジャグド・リトル・ピル

    冒頭からいきなり余談ではありますが、
    私は学生の頃によくMTVを観ていました。
    プロモーション・ビデオは曲ごとにコンセプトがあり、
    その世界観と音楽がリンクしているので、大好きでした。

    ハード・ロックやヘヴィ・メタルのバンドの時間はモチロン狙っていましたが、
    基本的に暇さえあればずっと観ていたので、
    他ジャンルのアーティストも目と耳から自然に入ってきてたワケです。
    必要か不要かはわかりませんが、なんだかいい時期だったなぁ、と思います。

    このブログに90年代のアルバムが多いのは、
    その頃に『おっ』と思ったアーティストのCDを買い漁っていたからなんですね。
    ・・・まぁ節操がなかったってことですが。


    んで、アラニス・モリセットがブレイクしたのもまさにこの頃。

    若くてキレイなねーちゃんが、
    ちょっと個性的な歌い方で、
    シブめの素敵な曲を歌う。
    衝撃的でしたねぇ。
    シンディ・ローパーのような突き抜けた歌い方、
    というと伝わりやすいでしょうか?


    中でも大好きなのがこのアルバムから大ヒットした10曲目、
    『アイロニック』の解放的な雰囲気。
    これがホントに最高で、何度聴いても気持ち良いです。

    朝でも、夜でも、仕事でも、遊びでも、
    落ち込んでても、ハッピーでも、
    遊園地でも、動物園でも、水族館でも、
    いつ、どこで聴いてもOKなアルバムです。

      

  • Posted by グレイトさん at 07:57Comments(1)

    2008年09月09日

    マトリックス

    キアヌ・リーブス主演の大ヒット映画、
    『マトリックス』。
    映画の内容も設定からしてかなり衝撃的なものですが、
    サントラも負けずに衝撃的な威力を持っています。

    収録アーティストは
    マリリン・マンソン、ロブ・ゾンビ、
    プロペラヘッズ、ラムシュタイン、
    プロディジー、ミニストリー・・・

    いずれも劣らぬ、インダストリアル系、デジタル系の猛者が大終結。
    機械のもたらす冷徹さを武器に、
    音楽性を広げたり、攻撃性を増したり、
    挑発的な空気を作ったりと、映画のテーマである
    『デジタル世界の危機的な雰囲気』
    を見事に音で表現しているアーティスト特集ですね。

    収録曲は新曲だったり、既曲だったり、リミックスだったり、さまざま。
    やはり映画の世界が前提となっている分、
    明確なコンセプトのもと統一され洗練された雰囲気です。


    映画の内容は
    『作られた世界の中で、人間が目覚めようとする』
    というものですが、サントラも
    病める幻想世界のホラー・アイドル、マリリン・マンソンの
    『ロック・イズ・デッド』にはじまり、
    主張する怒れる人間の代表、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの
    『ウエイク・アップ』で終わるという流れ。
    同じストーリーになっていることに気付きます。




      

  • Posted by グレイトさん at 08:19Comments(0)

    2008年09月01日

    プリティ・ウーマン

    映画『プリティ・ウーマン』のサントラ。

    私は映画を観るのが好きで、けっこう併せてサントラを買います。
    オムニバスでいろんなアーティストが入っていて、
    なおかつ映画の世界観に合うように編集されているのでバラバラな印象にはならないですよね。
    それが良いんですよ。

    このサントラはまさしくその最たる例。
    ナタリー・コール、デヴィッド・ボウイ、
    ゴー・ウエスト、ロクセット、
    ロイ・オービソン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ・・・
    そうそうたる顔ぶれ。
    それでもやっぱりバラバラに感じないのは映画の印象があるからでしょうか。

    ナタリー・コールの『ワイルド・ウィメン・ドゥ』で明るく爽やかにはじまり、
    続く曲もポップで前向きなものばかり。
    聴いていて元気になる、良いアルバムです。

    そーいえば、意外と知られていないのが
    10曲目に位置する誰もが聴いたことがあるであろう有名曲、
    『オー・プリティ・ウーマン』について。

    実はこの曲、映画のために作られた曲ではなくて、古くからある名曲なんですね。
    映画のタイトルにひっかけたのか、この曲をヒントに映画を作ったのかはわかりませんが、
    いわゆる『オールディーズ』といわれる時代の曲なんです。
    歴史があって楽しいですねぇ。

      

  • Posted by グレイトさん at 08:52Comments(0)