たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年10月05日

ザ・ボディ・アコースティック

80年代を代表するポップ・アイコン、
シンディ・ローパー。

暴走するヤンチャなねーちゃんみたいな
自由で派手なオーラを放つ圧倒的な存在感。
独特で、それでいて実力派の歌唱。
そりゃもうカッコいいアーティストです。
凡百の『歌姫』と呼ばれる人達が束になってもかないません。

コチラはそのシンディ・ローパーが、自らの持つ代表曲の数々を
セルフ・カヴァーしたという好企画。
それも、単なる『再びレコーディング』ではなく、
素晴らしいアレンジや他ミュージシャンとのデュエットにより、
もともと魅力的な楽曲にさらに新たな魅力を加えているという、
実に興味深いアルバムなのです。

もちろんシンディ・ローパーらしい
ヒネリのある発声、すっごい絶叫、
部分的にふてくされたかのような歌い方、
強靭ながらも柔らかい響きは健在。

いやぁ、やっぱりカッコいいですわ。
存在がロックしてますもん。

そんな中でも特に聴かないわけにはいかないのは
珠玉の名曲『タイム・アフター・タイム』。

このメロディはポップスの歴史の中でも指折りの美しさです。

  

  • Posted by グレイトさん at 08:02Comments(1)