たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2008年12月07日

ポール・ギルバート&フレディ・ネルソン

バンドのイメージは明るかったり、暗かったり、
真面目だったり、冗談混じりだったりと色々ありますが、
『ミュージシャンとしてやっていること』 『作っている音楽』 『力量』
という基準で考えると、
ミスター・ビッグはハードロックの最高水準でしょう。
そしてレーサーXはヘヴィメタルの最高水準でしょう。
これは紛れもない事実だと断言して良いと思います。

と、いうわけで最高水準の担い手。
巧さダントツ無敵のギタリスト、ポール・ギルバート。

コチラは新たなるプロジェクト、
『ポール・ギルバート&フレディ・ネルソン』。
アルバムは『ユナイテッド・ステイツ』です。


一言で言いましょう。
超・カッコ良いアメリカン・ハードロックです。
ギター、ヴォーカル、曲、全部スゲーです。
本当の本当に、バラエティ豊かで、
ヘヴィな部分も、クリーンな部分も、
とにかく入っている要素がことごとく最高峰。
絶品です。

3曲目『ザ・ラスト・ロックンロール・スター』や5曲目『ハイダウェイ』、8曲目『パルサー』などは
レーサーXの曲としてもハマるくらいハードでヘヴィですし。

2曲目『ウエイスト・オブ・タイム』や6曲目『ジ・アンサー』などのハードでありながらもポップな雰囲気は
クイーンやチープ・トリックなどの例を挙げるまでもなく素晴らしいです。

そして随時に聴くことのできるギターソロはモチロン圧巻。
純度100%のポール・ギルバート節が炸裂です。


・・・と、ポール・ギルバートばかりを取り上げてはみましたが、
このプロジェクトはそれだけだと50%なんですね。

忘れちゃいけない、ヴォーカルのフレディ・ネルソン。
すっげえ良い声。
声っていうのは『○○っぽい』という定義が難しく、伝えにくいのですが、
あえて言うならボノやフレディ・マーキュリーのような透明感に、
ロニー・ジェイムズ・ディオのスパイスを加えて逞しさを増強し、
アグレッシブさを持ちながらナイーブな一面を忘れずにナイスな雰囲気に仕上げ、
ロビン・ザンダーでまとめたらファンタスティックこの上ないオーラをまとったぜ、という感じ。
うん、伝わらない。

まぁなんせ、スッゴい好きなんですよね〜、こーゆーの。
どこまでも広がっていくような伸びの良さと
ハードロックの無限の可能性を感じることのできる、
『こーゆーのが聴きたかった!』っていうアルバムです。



  

  • Posted by グレイトさん at 08:38Comments(0)