たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2009年06月19日

ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン

いつだったか、誰かが、

『U2の音楽は風が吹いてる。』

と言っていました。

素晴らしい形容です。


実際にU2の音楽は、
ストレートなロックンロールだったり、
アイリッシュ・フォークだったり、
実験的なコンピューターミュージックのときもあれば、
未来型デジタル・ディスコだったりするときもある。

パッと聴いた感じはジャンルがばらばらです。

しかしそれらは紛れもなくU2の音楽であり、
すべてに共通することがあります。

それが冒頭の引用、
『風が吹いてる』、です。


な〜に言っちゃってんの、って思う気持ちもわかります。
しかし、その説明がすまじくビンゴなのも事実なんです。

U2の音楽には、本当に風が吹いてるんですよ。


2009年のアルバム
『ノー・ライン・オン・ザ・ホライゾン』。
これもご多分に漏れず、心地よい風が吹いてます。

シンプルなアルバムジャケットは、モノクロの水平線。
その世界をそのままに、海、太陽、虹など
歌詞にも自然のキーワードがよく出てきます。

とはいえ勿論、エコロジーを歌うわけでもなく、
いや結局は繋がるのですが、
ここにあるのはあくまでもU2の音楽。

しかし総合的に感じとれる印象は、
『良識』 に問いかけるような 美しさ。
その悟りはもはや解脱の領域です。

壮大なスケールの、
本当に心地良い、
だけどロックンロール。


U2ならでは。




  

  • Posted by グレイトさん at 07:50Comments(0)