たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2010年03月27日

ゲット・ア・グリップ

なんだかとてもホルスタインなジャケットは、
1993年の通算16作目、
『ゲット・ア・グリップ』。

後期エアロスミスの傑作です。

このアルバムは、スティーヴン・タイラー曰く、

ビートルズでいう
サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド
に値するアルバム。

とのこと。


傑作であり、進化型であり、名曲集であり、
ターニング・ポイントである、
というところからきてるのでしょうか。

粋なことをおっしゃいますねぇ。


そしてステキなことに、
スティーヴンの言うとおり、
実際にスゴいアルバムです

『傑作』と呼ぶのに何の抵抗も感じません。


まずは血の騒ぐイントロに続き、

だんだんっだんだんっだんだんっだんだんっ
でれって〜でれって〜でれれでれれででっで〜
『金持ちを食い潰せ!』

とノリの良いハードロックが派手に展開。

これぞエアロスミス! な一撃です。

いわゆる『話し声』と同じトーンで、
口ずさむように歌うスタイルはこの曲が最初ですね。

それをさらに展開したのが、雄大な
『リヴィン・オン・ジ・エッジ』。
心にしみる、名曲です。


『フィーバー』
『シャラップ・アンド・ダンス』
あたりは、
アメリカン・ハードロックの王道そのもの。

まぁ、その王道を作ったアーティストなんだから
当たり前っちゃあ当たり前ですけどね。


それにしても、アルバム通して捨て曲がない。

ホントに素敵な一枚ですよ。


  

  • Posted by グレイトさん at 23:46Comments(0)