たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2010年11月13日

アンセム

ローナン・ハーディマン。

テレビやCM音楽を多数手掛け、
舞台音楽などにも楽曲を提供している作曲家です。


それにしてもやはり、アイルランドの音運びは日本人の琴線に触れます。

どうやら、アイルランドの民謡と日本の民謡は、
コード進行が似てるんですね。

幼いころから 『聴きやすい曲』 として染み付いているものが、
北半球の反対側と根底でつながっているわけです。

なんだか壮大で、嬉しい話ですな。


ケルト音楽、アイリッシュ・ミュージック独特の
『厳格な緊張感』と『開放的な大自然』
の二極の対比。

このアルバム『アンセム』は
それを音にしてテンポよくポップに仕上げています。

空気がピンっと張り詰める集中力と、
心地よい風のような癒やしが同居する、
バランス感覚に優れた耳当たりの良い音楽です。

エンヤよりダンサブルでスリリング、
U2より軽快でアクがない。
アイルランドのアーティストが好きならば絶対に気に入りますね。

スゴく 『丁度よい』 感じです。


イン・トゥア・ヌアで活躍していたレスリー・ドゥダルと
ロシーン・オライリーというオペラ歌手が
どちらがメイン、というのではなくヴォーカルを担当していますが、
このふたりがすげーいいんです。

憂いを含みながらも逞しく、
なめらかでありながら明るく透き通った感じ。


朝昼晩を問わず、
テンションのハイ・ローを問わず、
老若男女を問わず、
リーゼントでもモヒカンでも刈り上げでも問わず、
誰もがいつでも抵抗なく

『いいっすね』

と言えるはずです。


なんつーか、いい加減な文章しか書けない自分が恥ずかしいんですけど、
ホントに良いのです。

  

  • Posted by グレイトさん at 22:40Comments(0)

    2010年11月07日

    トワイライト・ディメンシア

    世界一ピロピロ鳴らすヘヴィ・メタル・バンド、
    ドラゴンフォース。


    加減を知らないのか、
    全力でやらなきゃ気がすまないのか、
    極端なMなのか、
    究極のSなのか、
    考えずにいたらこうなったのか、
    よく考えてこうしているのか、
    真相は判らなくても、この音が存在するのは事実です。


    とりあえずせわしない。
    とにかく急いでいます。


    『歌もの』といえる様式系の進行なのに、
    バッキングが速すぎて、もはやギターがザクザク鳴らないのは
    スレイヤーの方針と同じであるわけです。


    そんなドラゴンフォースさんがお送りするのは、
    2枚組ライヴ・アルバム 『トワイライト・ディメンシア』。

    このテのバンドが2枚組なのはスゴいっす。

    ライヴ・バンドとしての実力も見事なので、
    強烈かつ痛快、豪快にピロピロ響かせるわけで。
    まぁ〜、パワフルなライヴなんです。

    この破壊力とボリュームはメタラーにはガッツポーズ、
    そうでない人には大いなるストレスであることこの上ないですね。



    とはいえ一番の衝撃は、ライナー・ノーツに
    『今回のツアーでは移動道場があって、
    武道のトレーニングが出来たんだ』
    とギタリストが語っていること。

    なんだそりゃ。
    ツアーの感想ソレか。

    と、なるでしょう。

    しかし、メタル好きな人はそう思わない。

    『武道のトレーニングが出来て良かったね!』

    と思うのです。

    聴くべし、 です。



      

  • Posted by グレイトさん at 23:29Comments(0)