たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2011年01月27日

ミニッツ・トゥ・ミッドナイト

ここ10年の間に世界で最も成功したバンド、
リンキン・パーク。


リミックス盤やライヴ盤も数多くありますが、
オリジナル・アルバムとしては
『ハイブリッド・セオリー』、
『メテオラ』
に次ぐ3枚め。

『ミニッツ・トゥ・ミツドナイト』 です。


いやはやしかし、それにしても。

・・・進化をし続けるバンドですねぇ。


こちら3作めは前2作よりもメロディに比重を置いていて
ヴォーカルは『歌もの』として成り立つレベルの聞きやすさ。
ラップ部分や激しいリフなどの歌が入らない箇所にも
バックにはハッとするような旋律が流れています。

もちろん名物の絶唱スクリームはありますが、
シンガーのチェスター・ベニントンは
どんなに激しく叫んでも声が割れないから耳あたりが良い。
これがホントに凄いんですよね。


聴こえてくる音の数は減らしていながら、
激しさが際立つように演奏の余計な部分を削ぎ落とし
メリハリをつける、計算し尽くされた驚異的なプロデュース。
それがより一層、メロディの輪郭をハッキリさせます。
これが抜群にカッコ良いのですよ。


それでいて、2曲め『ギヴン・アップ』などで
ダイレクトなリンキン節を炸裂させることも忘れません。


いやはやしかし、それにしても。
・・・凄いバンドですねぇ。


  

  • Posted by グレイトさん at 23:26Comments(0)

    2011年01月17日

    イーヴル・エンパイア

    デビューから2年足らずでオルタナ系最大のフェスティバル、
    『ロラパルーザ』に参戦。

    出順は早く、しかも出演者の中では新人ながら、
    大喝采を浴びるパフォーマンス。

    一気にスターダムに上がり、アリーナクラスでヘッドラインツアー・・・

    向かうところ敵なし、
    レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンの2枚め。

    全米初登場1位を記録した、

    『イーヴル・エンパイア』 です。


    一聴してわかるこの空気は、2作目にしてすでに孤高。
    貫禄すら感じる、強靭で無敵のアティテュード。


    求められる音楽性を完成させているミュージシャンシップは
    抜群のクオリティと安定感を誇り、それでいてスリリング。

    スラッシュメタル界でスレイヤーに抱く『不安のない期待』と同じです。


    トム・モレロによる変態ギター音はさらに磨きがかかり、
    もはやバンドの代名詞ともいえる独特さを披露しています。
    『スティーヴ・ヴァイがそっち方向に進んだら』 っていう感じですね。


    そしてこちらも代名詞。
    強いメッセージは多くの人に人類の諸問題を思い起こさせ、
    心に刻み込んでいきます。


    紛争や宗教とは無縁だった若者も感化され、考える。

    『これが最も有効な手段ではないけれど、まずはできることからやってみないか』

    と問いかけるバンドは真剣であり、 本気です。


    世の中のモノサシを変えていくのは、
    並大抵のことではありません。

      

  • Posted by グレイトさん at 20:55Comments(0)

    2011年01月05日

    レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

    90年代に世界を席巻したラウド・ロック。

    ヘヴィ・メタル、ハードコア、インダストリアル、パンク、
    ラップ、ヒップホップ、ハードロック、ファンク・・・と
    過激なジャンルを『要素』として徹底的に解体し、
    各々のバンドが自由に再構築する手法、いわゆるミクスチャー。
    その中から派生した、グルーヴのあるヘヴィ・ロックですね。

    根本にあるのは
    『好きなものを混ぜた』という純粋さだと思いますが、
    ジャンルの垣根を取り払うことで支持層を広げ、
    大衆化させることに成功したのはこの時代の功績でしょう。


    さて、そんな中で レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン。

    ヘヴィで切れ味が鋭い音と、浮遊感のある効果音を巧みに混ぜるギター、
    太く唸りながらも曲をリードしていくベース、
    要所要所をバシッと締める安定感のあるドラム、
    言葉を激しく叩きつけ、なおかつ聴きやすいヴォーカル。

    ヘヴィ・ロックにラップが乗るタイプなのですが、
    それが並々ならぬ抜群のカッコ良さを誇ります。


    演奏はシンプルに無駄を削ぎ落としていますが、
    曲作りは非常にヒネられていて、かつエキサイティング。

    とにかく楽曲のクオリティが高く、演奏が上手い。
    ミュージシャンとして超一流なんですね。


    そして、その曲に合わせて放たれるメッセージは
    病める世界に向けられた非常に政治的でストイックなもの。、
    シビアで裏付けのある『意見』としての問題提起です。


    実体験に基づく差別問題から、戦争、政治、支配、搾取など、
    人類史と切り離すことのできない怒りと悲しみを
    世に知らしめ、問いかける。

    解決方法があるはずだ、目を背けるな、目を覚ませ、恐れるな、
    強い意志を持て、自由を手に入れるんだ、というわけです。


    僧侶が火に包まれている衝撃のアルバムジャケットは、
    イラストでもなければCGでもない、
    映画やドラマのシーンでもない、

    ベトナム戦争時代に、焼身することで宗教的弾圧に抗議した、
    ノンフィクションの写真。

    坐禅を組んだまま炎に包まれて絶命していく師に対して、
    民衆が祈りを捧げ手を合わせる。

    ベトナム戦争を終結に向かわせた事件です。


    その写真をアルバムジャケットにする、意志の強さ。

    機械(マシーン)のように血の通っていない、
    国家、体制、企業に対する(アゲインスト)怒り(レイジ)。

    そんな強いバンドなんです。
      

  • Posted by グレイトさん at 00:16Comments(0)