たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2011年03月24日

イート・エム・アンド・スマイル

世界で最も(唯一かも)極彩色が似合うシンガー、
ダイヤモンド・デイヴこと
デヴィッド・リー・ロス。


こちら 『イート・エム・アンド・スマイル』 は
世界一のハードロック・バンドである
ヴァン・ヘイレンを脱退したのち、
ギターにスティーヴ・ヴァイを、
ベースにビリー・シーンを、
ドラムにグレッグ・ビソネットを擁しての
ソロ・デビュー・アルバム。

これはホントに超・名盤です。


メンバーを聞けば想像が出来る通り、
異次元のテクニックとアティテュードを持つ超人達による、
マニア垂涎の内容でありながらコマーシャルという奇跡の内容。


全10曲、足掛け30分という短さでありながらも、
圧倒的にボリュームを感じる濃密さ。

これは間違いなく、この4人だからこそ出来ることでしょう。

実際に、スティーヴ・ヴァイにとっても、
ビリー・シーンにとっても、
『代表作』 と言っていいくらいの貢献度の高さですね。


『シャイボーイ』 『エレファント・ガン』
における超絶技巧バトルは聴いててニヤニヤすることうけあい。

それを支えるドラムも、負けないヴォーカルも凄い。

それでいて、聴きやすさも抜群のバランス。

間違いなく、アメリカン・ハードロックの最終形のひとつです。


カヴァー曲のセンスもアレンジもこれまた最高で、
自分達のフィルターを通して完全に持ち曲にする仕上がり。


とにかくギラギラと輝く至極のロックンロール。


悲しみも苦しみも、切なさも儚さも、全部を抱えたうえでぶっ飛ばしてくれる、
底抜けに明るくトコトン能天気な 『陽』 のハードロックです。

どんな時代でも、
こーゆーのは必要になりますね。


  

  • Posted by グレイトさん at 23:25Comments(0)

    2011年03月22日

    ザ・マインド・イズ・ア・テリブル・シング・トゥ・テイスト

    今となっては当然のように語られる、
    インダストリアルというジャンル。


    その歴史を紐解いていくと必ずたどり着くのはこのアルバム、
    『ザ・マインド・イズ・ア・テリブル・シング・トゥ・テイスト』です。


    インダストリアルという言葉が知られていない時代に、
    冷徹なディスコ・ビート、ダンス・ビートに
    ヘヴィ・メタルさながらのハードなギターを絡め、
    破壊力と煽動力を爆発的に増幅させた傑作。

    佳曲『バーニング・インサイド』
    をはじめ、破壊的衝動を呼び起こす一連の楽曲は
    あっという間に世界を席巻しました。

    発信源はアメリカ、シカゴの鬼才、
    アル・ジュールゲンセン、すなわちミニストリー。


    ヘヴィ・ミュージックの構図を具体的に変えたアーティスト
    です。


    貴金属の不協和音と機械処理された声は不安を煽り、
    サンプリングと生演奏が複雑に組み合わさっていますが、
    実のところ根幹にあるのは、
    ストレートに突っ走ったパンク・ロック。

    とはいえピストルズのようなクラシック・パンクでもないし、
    グリーン・デイのようなモダン・パンクでもなく、
    ディスチャージのような、ハードコア・パンク。


    そりゃ破壊力もあるわなぁ。


      

  • Posted by グレイトさん at 08:36Comments(0)