たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2011年06月19日

ライヴ&ラウド

アルバム 『ノー・モア・ティアーズ』 に伴うツアーで、
帝王はツアー生活からの引退を表明。


その記念となる2枚組ライヴ・アルバム、
『ライヴ&ラウド』。


ブラック・サバス時代と
オジー・オズボーンとしての代表曲を網羅した、
ライヴ・ベストです。


バンドメンバーが素晴らしく、
ギターにザック・ワイルド、
ベースにマイク・アイネス、
ドラムにランディ・カスティロ
という、それぞれが各方面に活躍している、
知る人には堪らない顔触れ。


さらにはオリジナルメンバーによるブラック・サバスの復活・・・

引退に華を添える、美しいライヴです。

キャリアを総括する選曲を奏でる演奏のパワフルさ、キレの良さ。
メンバー全員の全盛期と思える最高で最強のライヴですね。



結論を言いますと、帝王は結局カムバックして、
21世紀を10年過ごして未だ現役。

しかも悪の化身として扱われていた人物が、
お茶の間の人気者になるというオマケ付き。


ここまで極端に非難され、愛され、太く長い人生を歩む人も珍しい。


つまり、『ナンデモアリ』 な人なんですよ。


  

  • Posted by グレイトさん at 00:14Comments(0)

    2011年06月08日

    チープ・スリル

    ジャニス・ジョプリン。


    このアルバムでは、正確には
    『ビッグ・ブラザー・アンド・ホールディング・カンパニー』
    というバンド名ですね。


    このライヴ録音というラフな作りのアルバムで
    ジャニス・ジョプリンが世に出ました。
    そして全米ナンバーワン。


    時代にマッチしたことや
    バンドの不思議なグルーヴもさることながら、
    やはり肝となるのはヴォーカル。


    ただ 『歌がうまい』 というだけだったら、
    ジャニスの上をいくシンガーはいるでしょう。

    しかし、命を削って絞り出される声は、誰も真似できません。

    まさに魂の叫び。

    今日に到るまで、優れた女性ロック・シンガーは何人も出てきていますが、
    誰ひとりとして到達できない次元の、圧倒的な存在感です。



    精神が病んでいく破天荒な人生の中、
    歌うことだけが救いだったのでしょう。


    希望と絶望の間で混濁したまま閃光がほとばしるように生き、
    伝説へと昇華されました。


      

  • Posted by グレイトさん at 08:26Comments(0)