たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2010年03月06日

ハイブリッド・セオリー

リンキン・パークのデビューアルバムにして
ブレイクの皮切り、

『ハイブリッド・セオリー』。

MCとDJのいるヘヴィ・ロックという編成は、
今でこそ当たり前かも知れませんが
当時としてはかなり独特な存在です。


ミクスチャー系のバンドは多く存在していても、
ホントにいい!っていうアーティストは一握りです。

ただ単に珍しい編成っていうだけでは
世界的な人気を博すことは不可能でしょう。

ってことはなにかホンモノたる理由があるわけで・・・

その理由を考える時間を作ることは、人生において
非常に有意義なものとなるに違いないのです。


と、いうわけでリンキン・パークの素敵さを噛み締めましょう。


では聴き込み開始。



う〜む。



なるほど。



そういうことか。


わかりました。


結論は、

『理屈じゃない。』

『素敵なもんは素敵。』

ということです。


すみません。



緩急のある、自然と体の動くグルーヴ。

押し付けがましくない、心地よいヘヴィネス。

急に出てくる慟哭のメロディ。

きっと鍵盤で作曲しているのでしょう。

無条件にカッコいい。



こういうアルバムに出会えたならば、

ただ身を委ねるのが正解です。


  • Posted by グレイトさん at 08:32│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ハイブリッド・セオリー
      コメント(0)