たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2007年10月01日

六三四

日本が誇るハードロックバンド『六三四』。
『ムサシ』と読みます。
アルバムは『ファー・イースト・グルーヴ』です。

そういえば邦楽を取り上げるのは初めてです。
特に理由はないんですけど。


さて、この六三四。
ドラム、ベース、ギター、キーボード・・・というところまでは普通のバンド編成。
違うのはそこに和太鼓、三味線、尺八といった日本の伝統楽器が入っていることです。

しかも全員が全員、その楽器でメシを食っている卓越したミュージシャンで、そんな人達が超・高水準でバンドとしての音を作っているという、かなりゼイタクな一枚。

しかし、コレをただ『ハードロックと伝統楽器の融合』というだけでは魅力の半分も伝わりません。
決して『ハードロックの中にアクセントとして伝統楽器が入っている』というわけではないのです。

聴けばわかるその仕組み。
音の中心である『メインとなる楽器』が曲ごとに変わるのですが、最も耳に残るのは
『三味線』。
これが特徴ある音に加えてアタックの強さもあり、とにかく素晴らしい響きなんです。

刺激的な中に温かみのある、心地よく美しい和音階。
なんだか『日本人である』ことに誇りを感じますね。


企画モノではなく、継続していく『バンド』という形態。
だからこそのこの緊張感とクオリティ。
日本人なら、これは真剣に聴かないとイカンですよ。
ホントに素晴らしいのです。


  • Posted by グレイトさん at 23:44│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    六三四
      コメント(0)