たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2010年04月19日

スラッシュ

シルクハットに黒い髪。

濃い顔立ちの男前。

レスポールを低く構えて、
感情を剥き出しにするステージング。

強烈な存在感を纏ってギターを鳴らすその姿は、
ただ純粋にカッコ良い。


元ガンズアンドローゼズ・・・
なんていう説明はもはや不要のギタリスト、
スラッシュのソロ・アルバムです。

曲ごとにゲストとしてヴォーカルを招いているのですが、
参加しているメンバーのスゴいことスゴいこと。

オジー・オズボーン、レミー・キルミスター、
イギー・ポップ、クリス・コーネル、アダム・レヴィーン、
キッド・ロック、イアン・アストベリー・・・
日本人では稲葉浩志。

ジャンルを超えて
大ベテランから近年のスターまで
豪華にも程があるってくらいの豪華さです。

エアロスミスのスティーヴン・タイラーも
参加の予定だったらしいのですが、
残念ながらスケジュールの関係で無理だったんですって。

しかし、このアルバムの完成度からいうと
どちらかといえばスティーヴンが損をしましたね。

それくらい純度の高い、アメリカン・ハードロックの傑作です。


なによりスゴいのは、個性派揃い、曲者揃いのシンガーなのに
曲作りによってシンガーの特徴を最大に活かしていること。

つまり一曲ごとにスタイルが異なるんですね。

そして、それでいて決して散漫ならず、
むしろ 『スラッシュ節』 とでも呼びたい仕上がり。

ブラック・アイド・ピーズのファーギーを
ロック・シンガーとして見抜いた事実が全てを物語ります。


スゴいぞスラッシュ。

これはカッコ良い。



  • Posted by グレイトさん at 00:21│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    スラッシュ
      コメント(0)