たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2007年06月23日

ガンズ・アンド・ローゼズの2枚目、というか企画版ですな。

『ガンズ・アンド・ローゼズ・ライズ』。


もともとはインディーズで出していたミニ・アルバム
『ライヴ?ライク・ア・スーサイド』
にアコースティック曲を加えて1枚のアルバムにしたものです。

お客さんの声が入っていますが、コレはスタジオレコーディングものに歓声を入れた擬似ライヴですね。

ま、名盤とかではないけれど、ロックンロールしていることは間違いありません。


『レックレス・ライフ』やカバー曲『ナイス・ボーイズ』の歌詞がそのまんま、
ガンズ・アンド・ローゼズ。

『ぼうやたち、良い子だからロックンロールやらないで・・・』

・・・やりますよ。



しかしガンズ・アンド・ローゼズは暴力的な印象とは裏腹に、実はかなりバラード曲の多いバンドです。

後期のライヴは半分以上がバラードになっているほどです。

(アクセルのエルトン・ジョン好きが反映されているのでしょう)

そんな中、ライヴでずっと定番だった『ペイシェンス』が収録されています。
口笛からはじまり、やさしく語りかけてくるヴォーカル。
なかなかの名曲です。

バンドの歴史上で重要性はさほどありませんが、素通りするには勿体無いアルバムです。


  • Posted by グレイトさん at 21:40│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
      コメント(0)