たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2007年06月23日

青いほう

ガンズ・アンド・ローゼズ
『ユーズユアイリュージョン』。
2枚同時発売のうちの1枚。
青いほう。


本来はアルバム2枚同時発売って、普通に考えると『ナシ』な行為ですよね。
シングルならまだしも、アルバムだし。


しかもレコーディングにスッゴい時間がかかっていて『発売決定』から延期につぐ延期。
ぜんっぜんレコーディングが進まなかったらしいです。


ヒドイっすねぇ。


・・・でもね、そんなのは『常識的に考えてヒドイ』でしかないのです。

このバンドには全く通用しない考え。
だからこそロックンロール。
だからこそガンズ・アンド・ローゼズ。


2枚同時に出されようが、発売を待たされようが、
『待ったけどいっぱい聴けて嬉しい』
とガンズ・アンド・ローゼズのファンは思うのですよ。

なんせそれぞれが70分を超える、この2枚。

通常のアルバム3枚分の長さがあるんです。


さて、内容はと言いますと・・・

うむ。

聴きゴタエがすげぇ。

曲調がバラエティに富んでおり、飽きることなく一気に聴けます。

理由としては、やはり曲を書ける人間が4人いること。

それと、ドラムがパワフルな実力者、マット・ソーラムに代わったことでリズムパターンが増え、曲にメリハリがついたこともあります。


捨て曲のないなかなか良いアルバムで、バラードが多めですが決して退屈はしません。


アルバム全体を通しての流れ、などは一切なく
『ただ出来た順に詰め込んだ』
という感じなのですが、
『ゲットインザリング』から『ショットガンブルース』
あたりのテンションはかなりのもの。

私個人、こればかり何度も聴いてる時期があったほどです。

なんせ基本姿勢が
『ケンカを売る』
『売られたケンカを買う』
という感じなので、歌詞を読んでるだけでもなんとなくニヤリとしてしまいますね。


そしてベタですが、このアルバムの極めつけは『ユークッドビーマイン』。

プロモーションビデオはターミネーター、すなわちアーノルドシュワルツェネッガーが出演しています。

ドラムのイントロにベースがからんできてギターリフ。
この黄金パターンの曲構成に世界で唯一のヴォーカル。


さあ、ガンズ・アンド・ローゼズに興味を持て。
興味がなくても、せめてこの曲は聴いておけ。


  • Posted by グレイトさん at 21:41│Comments(1)
    この記事へのコメント
    1曲目の 「CIVIL WAR」 好きなんだよね~。 アクセルの口笛はアレ一つで哀メロギターソロ1回分に匹敵しますな。
    Posted by メタルゴ at 2007年06月24日 06:30
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    青いほう
      コメント(1)