たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2007年12月28日

シークレット・ストーリー

私が20歳の頃の話です。
そこには急に『一人暮らしをしよう』と思いたった私がいました。

アパート探しをする場所といえば当然不動産屋さん。
と、いうわけでフラリと不動産屋さんに行ったんですな。
んで、たまたま行った不動産屋でカッコイイ音楽がかかっていたんです。

『コレ、誰の何ていうアルバムですか?』
と聞き、すぐさまメモりました。
そしてその足でCD屋へ。
不動産の契約もせずに。


その日からずっと愛聴盤。
パット・メセニーの『シークレット・ストーリー』です。
いわゆるストレートなモノではないですが、ジャズでございます。

ハードロックでいうとスティーヴ・ヴァイやジョー・サトリアーニのような『天才的巨匠』に分類されます。
技巧に優れているのはもちろん、この引き出しの多さと、緻密性。
オーケストラの編曲や、構築性。
とにかくスゴい仕事量ですね。

細かいことは別として、
『ああ、良い音楽だなぁ』
と素直に感じられるアルバムです。

2曲目『フェイシング・ウエスト』や6曲目『サンライト』に見られる心地よさと、
10曲目『アズ・ア・フラワー・ブロッサムズ』からラスト14曲目『ノット・トゥー・ビー・フォーゴットン』までの哀しさの対比が素晴らしく、
1曲1曲の完成度だけでなくアルバムの流れを楽しめます。


ちなみに不動産屋で私が聴いて衝撃を受けたのは、
12曲目『ザ・トゥルース・ウィル・オールウェイズ・ビー』。
9分以上ある曲なのですが、非常にドラマチックな曲構成で、特に後半のシンセギター(たぶん)のソロはたまりません。


  • Posted by グレイトさん at 07:56│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    シークレット・ストーリー
      コメント(0)