たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2011年02月21日

ア・サウザンド・サンズ

パッと聴いてすぐに感じられるでしょう。

通算4枚めのオリジナルアルバムで、
リンキン・パークは別の次元へ。

BGMのように自然と耳に入りやすくも緊張感があり、
メロディを重視しつつ、激しさも忘れず聴き応えがある。

初期にみられるようなゴリゴリ感は息を潜めていながら、
必要な部分では徹底的にエッジを立てる。

引くべき所でしっかり引いているからこそ、
アグレッシヴに転じたときの衝撃も凄い。

見事、の一言です。


歌ものになった、といえるこの音楽的な変遷は、
変態ゴッタ煮ロックと言われるところから、
圧倒的なミュージシャンシップで音楽性を高めて世界を席巻し、
近代最強のロックバンドとして君臨している
レッド・ホット・チリ・ペッパーズや、

耳に直接入ってくる音では様々な変化をしつつも、
芯となる部分は一切ブレることなく時代を凌駕したU2、

スラッシュメタルの元祖でありながら、
確信犯的にスピードを落として支持層を圧倒的に拡大し、
シンフォニーとの共演などの前衛的な試みまで飲み込んで
まさしく重鎮モンスターバンドとなったメタリカなど、

いわゆる「大御所」と似た流れを感じます。


ドラムはこれまで以上にパーカッシブになり、
原始的なリズムで体を揺さぶりにかかる。

東洋の旋律を吸収した鍵盤は、妖艶さも併せ持つ幻想的な響き。
切っ先鋭い弦楽器は、音が少ないからこそより耳に残る。

唯一無二の慟哭のヴォーカルは
緩急をくり返すがゆえに聞き手に安息を与えず、
更なる緊張感で追い討ちをかける。

バンドとしての総合力で、アルバムの世界に引きずり込む
最高のパフォーマンス。


褒めすぎですか?

いや、楽曲のクオリティが物語っていますよ。

ねえ。

「本物だ」 と。



  • Posted by グレイトさん at 23:10│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ア・サウザンド・サンズ
      コメント(0)