たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2011年07月01日

コズミック・ブルースを歌う

あたたかく柔らかい風が吹く、桜の季節。

『コズミック・ブルースを聴きたい』
という気持ちになることもありますよね。


焼けた砂の上ではしゃぐ子供達を眺める、海の季節。

これまた『コズミック・ブルースを聴きたい』
という気持ちになることもあるわけで。


自然が色彩豊かに存在感を演出しはじめる、紅葉の季節。

これまた『コズミック・ブルースを聴きたい』
という気持ちになることもあるのでは。


凛とした空気と静寂が幸せを蓄える雪の季節。

これはもう『コズミック・ブルースを聴きたい』
という気持ちにならざるを得ないでしょう。


ヒッピー文化が席巻する時代の寵児であり、
その時代の最大の被害者でもある最高のシンガー、
ジャニス・ジョプリン。


商業的成功よりも、歌を歌う環境があることを喜びとしていた自身が、
一流のミュージシャンに囲まれてアルバムを作成することを
幸福と感じていたのかは知る由もありません。

しかし、彼女が存在した事実はロック史にとって幸福なことです。


失礼ながら、アイドル性ゼロ。
可愛さ、可憐さではなく、
威厳ある歌声。


『伝説のロック・クイーン』
の称号はダテじゃない。

まさに圧倒的です。


『コズミック・ブルースを聴きたい』
と思おうが思うまいが、聴いておけばいい。



  • Posted by グレイトさん at 20:30│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    コズミック・ブルースを歌う
      コメント(0)