たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2008年02月15日

レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン

『レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン』。
20世紀末に圧倒的な人気を博したバンドです。

このバンドの武器は当時はまだ誰も成し遂げていなかった
ヒップホップとヘヴィメタルを高次元で融合させた音楽性、
凄まじいアジテーションのヴォーカル、
高い演奏能力、曲の完成度。
そして何よりも『本気』の姿勢。

歌詞検閲機関は常にバンドに対して目を光らせ、
イラク戦争中は全アルバム、全曲が自粛対象曲になりました。


とはいえキャンペーン的に上辺だけ『反戦』を掲げていたり
なんとなく労働者の肩を持っているようなバンドではありません。
もっと根の深い、深層心理に訴え、具体的に問いかけてきます。
もはや『いちアーティスト』ではなく、
第四帝国アメリカの社会問題を糾弾する『運動家』です。

影響力、説得力はエミリアーノ・ザパダやチェ・ゲバラなど、
著名な革命家の域に近いですね。


このアルバム『ライヴ・アット・グランド・オリンピック・オーディトリウム』は
ライヴに定評のあるバンドの実力を余すところなく収録した名盤で、
爆発物の前で焚火をするような緊張感とテンションが生々しく伝わってきます。

なんつーか・・・とにかく『本気』なんです。


『ゲリラ・ラジオ』

消灯時間、ゲリラ・ラジオの放送開始
ボリュームを上げろ

それはどこかで
いつか必ず始まるだろう
ならばここで
今すぐ始めるにこしたことはない
もはや俺たちは誰にも止められないのだから

・・・う〜む。すげぇ・・・


  • Posted by グレイトさん at 08:56│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
      コメント(0)