たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2011年10月31日

パープル・クロニクル

ディープ・パープル 『紫のハコ』。

『ハコ』 は何かよくわからないけど、
変換できない漢字だった。


この25周年を記念して編集された3枚組は
1枚め2枚めはベスト、3枚めはなかなかレアな
各曲のシングルバージョンとかを収録した企画盤。

まぁ90年代に25周年だから今ではもう凄まじい経歴ですけど。

ディープ・パープルはやたらベスト盤が多いバンドですが、
第1期〜第4期にかけて代表曲が集中しているので、
それらがほぼコンプリートされているという意味で、
個人的には最も手軽、かつモレが少ないと思っています。


しかも年代順に収録されているので、
クラシックの要素を取り入れたロックから
アグレッシブなハードロックへと変化していく流れも断片的にわかりますね。


しかしこう聴いていくと、
第2期のイアン・ギランと第3期のデヴィット・カヴァーデイルの
インパクトが強いので過小評価されがちですが、
第1期シンガーのロッド・エヴァンスも相当の使い手です。

深みのある、非常にカッコいい声の素晴らしいシンガーですね。


確かに 『スピード・キング』 や 『バーン』 を歌う想像はできませんが、
『ハッシュ』 『アンセム』 は最高にハマっています。

ジョン・ロードとの相性がいいんでしょう。


そして、いつの時代も素晴らしいのがドラムのイアン・ペイス。

手数が多く、スイング感があってパワフルなドラムは、
バンドの音を唯一無二のものに仕上げています。

間違いなく世界最高峰のミュージシャンのひとり。


常に仲違いをしていて解雇と脱退が度重なっていた時代、
妥協をせずエゴを出すからこその緊張感。

型にはまったカラオケ的なものとは全く異なるライヴ感。

いち時代を築いたバンドの、片鱗を確認するにはもってこいです。



  • Posted by グレイトさん at 07:16│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    パープル・クロニクル
      コメント(0)