たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2008年03月08日

S&M

思春期でもあるまいし、『このタイトルはないだろ』とツッコミも入れたくなりますが、
まぁそれは置いといて。

賛否はあると思いますが、メタリカがヘヴィ・メタル界の最高峰にいるのは事実です。

コレはエアロスミスやHOTEIとの仕事でも知られる、かのマイケル・ケイメンが指揮をとり、
その王者メタリカとオーケストラを融合させた企画ライヴ・アルバム。
勿論、演奏は本人たちです。

とはいえメタリカの曲をクラシックにアレンジ、ではなく
メタリカはあくまで普段のメタリカ。
そのメタリカのライヴにオーケストラシンフォニーで広がりのある味付けをしている、というアレンジなんですね。

ちょっとギターの音が抜けてなくて聴きづらい感じがありますが、
オーケストラが高音、メタリカが低音、という分担をしているタメでしょうか・・・。


しかし普段、4人でやっていても充分すぎる厚みのあるメタリカなのに、
100人を超えるオーケストラと共演。
その音の壁っぷりは『さすが』の一言に尽きます。
こりゃ強力だわ。


『アンティル・イット・スリープス』
『ワン』
『エンター・サンドマン』
『マスター・オブ・パペッツ』
『バッテリー』
といった代表曲が収録されていますが、
こうして聴くと初期のベーシスト、クリフ・バートンが作曲に携わっている曲がシックリきますね。

クリフ・バートンはクラシックの編曲を学んでいたので、『なるほど』な感じです。


私の個人的な意見としては
『クリーピング・デス』
『フェイド・トゥ・ブラック』
が聴きたかったなぁ、と。

贅沢は言わねーけどさ。


  • Posted by グレイトさん at 08:35│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    S&M
      コメント(0)