たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2008年03月24日

ライヴ・アライヴ

スケールが大きくて、自由奔放な雰囲気。
裏打ちのある確かな技術。
その上でフィーリングを重視した泥臭さと人間味・・・
たまらなくカッコ良いですねぇ。


『スティーヴィー・レイ・ヴォーン・アンド・ダブル・トラブル』のライヴです。


のっけから
『オマエ、興奮してんな〜』
とツッコミを入れたくなるイキオイのMCが
『スティーヴィー・レイ・ボーン・アンド・ダブル・トラブル!
スティーヴィー・レイ・ボーン!』
って紹介。

大音量で聴くとわかるのですが、
テンションがり過ぎなのか、酔ってるのかは不明ですが、
声が震えてヘロヘロです。


しかしそこにすかさずレイ・ボーンのギターで『ソー・ホワット』。
これで勝負アリです。

やっぱりスタジオ録音と違って、
ライヴならではの緊迫感、臨場感ですね。

私は個人的に10曲目の『テキサス・フラッド』が好きなのですが、
この『テキサス』という響きはなんだかやたらカッコ良いですよね。


そうそう、昔から思っていたのですが、
外国の地名だと曲中に出てくるとカッコ良いじゃないですか。

『ニューヨーク』とか『サンフランシスコ』とか。
『カリフォルニア』もそうだし『ロサンゼルス』『マサチューセッツ』もいい。
『ミラノ』『ナポリ』『ハンブルク』『ロンドン』あたりも
『オイオイ、やるなぁ』っていう感じです。

『ルイジアナからニュー・オーリンズへ車で駆け抜けるぜ』っていうと
思わず『ついて行くぜ!』ってなります。

『東久留米から八王子へ向かって新青梅街道を駆け抜けるぜ』
・・・まぁ私はついて行きますが、カッコ良いかどうかは微妙なところです。

『おいおい、16号を左折しなきゃあ八王子には行けないぜ。』
と、ツッコミを入れてくれる人でもいたらラッキーでしょう。
たいがいの人はゴルゴ13のように無言でキツイ目をするはず・・・

って、レイ・ヴォーン関係ねえ。
とにかくこのアルバムはオススメです。


  • Posted by グレイトさん at 08:43│Comments(3)
    この記事へのコメント
    オッ、早弾きオジサン登場!
    スティービー・カワボーンってのが、知り合いにいるけど。(-_-;)
    福生のライヴハウス、チキンシャックにたまに出没アド街っくです。。
    Posted by 鳥山鳥子 at 2008年03月24日 19:02
    はじめまして・・・  だったと思う・・・
    S・R・Vには、一時メチャはまりました。
    ライブアライブも レコード で買いました。
    TexasFlad では、ギターを背中にまわして弾くんですよね。
    LoveStruckBaby では、頭の上で弾くし・・・ ホント カッチョイイゼ!
    でも、CoudntStandTheWether が入って無いのがチョット残念!

    オレ、ヘビ・メタはチョット苦手なモンで、カルメンマキからこっちは馴染みやすいです。
    OZのラストライブもカッチョイイですよね。
    最近 ロックンロール・ジプシーズ (ほとんどルースターズみたいなもんだけど) が気になるんですがグレイトさんはそういった感じのは如何???
    Posted by 麗 仙人 at 2008年03月24日 23:07
    鳥山さん > 福生のライブハウスって良いらしいですね!私の友人に速く弾くのが好きな人がいるのですが、その彼からも勧められました。機会があればぜひ行ってみたい場所のひとつです。


    麗さん > 私はBOφWY派なのですが、ルースターズが凄いのは存じ上げております。ヘビメタばかり聴いてちゃいけないのはわかっていますので、いつかは必ず聴く日がくるはずです。そのときはご案内を宜しくお願いいたします。
    Posted by グレイトさん at 2008年03月25日 15:02
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ライヴ・アライヴ
      コメント(3)