たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2012年04月05日

バック・トゥ・ベッドラム

ジェイムズ・ブラント。

職業軍人からシンガーソングライターに転身という
余りにも異色な経歴をもつイギリスの吟遊詩人です。


ジャンルでいうとフォークロックというか、
メロディアスなアコースティックもの。

透き通った声と哀愁の溢れる曲、
そしてシンプルで力強いメッセージが素晴らしいです。

このアルバム『バック・トゥ・ベッドラム』は
ジェイムズ・ブラント自身が自らを見つめ直していくような内容になっており、
とくに戦場という惨事を目の当たりにした経験からくる
『ノー・ブレイヴリー』は秀逸です。


そしてなんと言っても有名なのはCMでもおなじみ、
世界的な大ヒットとなった
『ユー・アー・ビューティフル』でしょう。

シンプルな感情表現を何度となく歌い、現実と向かい合う。

元軍人とか、PVの飛び込みとか、シリアスな歌詞とか、
論議すると色々とあるのですが、
そんな批評をしてても曲が変わるわけではありません。

良いメロディに素敵な声。

それで音楽の目的は達成してるんですよね。




  • Posted by グレイトさん at 19:30│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    バック・トゥ・ベッドラム
      コメント(0)