たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2012年05月30日

ドクター・フィールグッド

ハードロック界の毒の花、モトリー・クルー。
1989年の全米ナンバー1アルバム 『ドクター・フィールグッド』です。

前作 『ガールズ・ガールズ・ガールズ』に伴うツアー中に
『ニッキー・シックスが死にかける』
という破天荒の極みがあり、ドラッグと決別。
ミュージシャンとしての情熱をストレートに、クリーンな状態で解放させた、
バンド史上の最高傑作です。

ワイルドさを失わず、骨太でシンプルでありながら、
明るいパーティー感もあるポップさ。 これは聴きやすい。

音は豪快なハードロック、メロディやコーラスはキャッチーという
往年のチープ・トリックやエアロスミスを彷彿させる絶妙のバランスです。

アルバムを通して高いテンション、高いクオリティ。
虚仮威しの派手さやケバケバしさではなく、地に足のついた正統派。

スティーヴン・タイラー、ブライアン・アダムスなど
豪華ゲストが参加というのも華を添えますね。

テクニックで上回るアーティストは沢山いても、
総合的なカッコ良さではやっぱり別格。


信じられないなら5曲目を聴いて、
キックスタートされてみればいいじゃない。




  • Posted by グレイトさん at 01:20│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ドクター・フィールグッド
      コメント(0)