たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2008年04月15日

ワン・ホット・ミニット

レッド・ホット・チリ・ペッパーズです。

コチラは傑作アルバム『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』によるツアー終了後、
元ジェーンズ・アディクションの敏腕ギタリスト、デイヴ・ナヴァロを迎えて制作されたアルバム
『ワン・ホット・ミニット』。
たしか1995年の作品です。

それ以前にもそれ以降にも、けっこうな枚数のアルバムを出していますが、
単純に音のことだけをいえば、このアルバムがレッド・ホット・チリ・ペッパーズの歴史上、最も『ヘヴィ』なアルバムでしょう。

もちろん随所に聴こえる巧者ぶりは健在ですし、
メロディも良いので耳に残るんですよね。


CDを再生してみると、レッチリならではの1曲目『ワープド』が始まるのです。
コレがかなりモダン・ヘヴィロックな仕上がりでカッコ良く、いきなりガシッとつかみます。

2曲目『エアロプレイン』や、4曲目『マイ・フレンズ』は、
独特な音作りでありながらも実にポップな名曲。
気付くといつしか口ずさむようになります。


聴きごたえのある曲が並ぶ中、私が個人的に大好きなのは、超絶ベーシスト『フリー』の弾きまくりが聴ける
5曲目『コーヒー・ショップ』ですね。
曲中もかなりのフレーズが随所で聴かれますが、
ラストのベース・ソロは鳥肌モノです。

このフリー、テクニックはモチロンですが、ライヴでのパフォーマンスや存在感を含めて、紛れもなく世界最高のミュージシャンです。
ブリーフ一枚で人前に出れるだけで常人の域を超えています。


と、いうわけでレッチリのアルバムは、どれも完成度が高いです。
音楽的な奥の深さもスゴいので、聴いていて飽きることがまずありません。
(私には理解を超えているものも多いです)

まさしく元祖、そして最高峰。
『ミクスチャー』というジャンルのパイオニアは、やっぱり無敵です。


  • Posted by グレイトさん at 08:24│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    ワン・ホット・ミニット
      コメント(0)