たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2012年07月31日

ホテル・カリフォルニア




イーグルスの 『ホテル・カリフォルニア』。


さすがに説明するのもおこがましい、
代表曲中の代表曲を収録した無敵のアルバム。

しかし、その表題曲が有名すぎて
『イーグルスってホテル・カリフォルニアのバンドだよね』
ってなってしまうのです。

いや、そうなんだけれども。
たしかに、そうなんだけれども。

絶対的な曲ですし、歴史に残る曲ですけれども。


イーグルスはその実、非常に多彩な心地よいロックを聴かせるバンドで、
コーラスのキレイさはお手本レベルですし、
子供から大人まで馴染みのよい絶品メロディは秀逸ですよね。


このアルバムが出る前の 『グレイテスト・ヒッツ』 が
マイケルジャクソンの 『スリラー』 を凌ぐ売上枚数を誇っていることからも
『ホテル・カリフォルニアのバンド』 でないことは確かなのです。

アメリカだけで2900万枚とか、もうよくわからない数字でしたよ、たしか。

とはいえ、このアルバムが素敵なのは確かなもので、
世界で2000万枚とか。

商業ロックに対する皮肉に富んだ知的な歌詞や
芸術的な曲構成、豊富な旋律、確かな腕前がバンドの無敵さを象徴します。

バンドとしてはブレイクした後で、『次もすごいアルバムなんだろう』 という
高いハードルを世間が設けたところを がっつり超えていく、という離れ業。

緊張感漂う、名盤です。







  • Posted by グレイトさん at 01:02│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    ホテル・カリフォルニア
      コメント(0)