たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2012年09月28日

キッキング&スクリーミング

スキッド・ロウで世に飛び出し、
ソロ活動やミュージカルでキャリアを積み上げてきた
『ブレーキの壊れたダンプカー』こと、
セバスチャン・バック。

世の中にシンガーは数多くいますが、
こんなにセクシーでワイルドな人はなかなかいません。

年齢とともに歌唱力があがり、音楽的な幅も広がり、
それでいながらセバスチャン・バック然とするこの声。

『FOREVER WILD』 を座右の銘とするだけあって、
オジー・オズボーンやロブ・ハルフォードのように、
生涯ヘヴィなシンガーなのでしょう。

よく練られた曲は往年のスキッド・ロウのようなパンク感は薄いものの、
優秀なミュージシャンによる良質なハードロックであり、
まさにキックしてスクリームしている、パワフルなアルバム。

セバスチャン・バックの魅力が詰まった一枚です。

ガンズがアクセル・ローズの声であるように、
モトリー・クルーがヴィンス・ニールの声であるように、
この声がセバスチャン・バックですね。



  • Posted by グレイトさん at 23:12│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    <?=$this->translate->_('削除')?>
    キッキング&スクリーミング
      コメント(0)