たまりば

  日記/一般 日記/一般  八王子市 八王子市

2008年12月20日

マスター・オブ・リアリティ

ブラック・サバス伝説の第3章、
『マスター・オブ・リアリティ』。


ツアーに明け暮れる多忙な日々の僅かな合間に作成されたにも関わらず、
妥協なくバンドの個性を明確に打ち出し、
クオリティの高い楽曲で構成された名盤です。
また、予約だけでゴールド・ディスクに輝いたというエピソードが、当時の人気を物語ります。

このアルバムから3曲目『エンブリォ』や5曲目『オーキッド』のような
『綺麗なインストの小曲』が入ります。その結果として、
単体の一曲だけでなく、アルバム全体を通しても起承転結の流れが作られています。
そしてこれがブラック・サバスの魅力のひとつである、
『静と動のコントラスト』
を見事に演出してくれまして・・・まぁ〜、とにかくカッコいいんです。
世界中を虜にしただけはありますね。


4曲目の『チルドレン・オブ・ザ・グレイヴ』は、
ホワイト・ゾンビやレーサーXがカヴァーしたことでも知られる名曲。
私の個人的な意見としては、今まで耳にしたことのあるヘヴィ・メタルの曲の中で
最も好きなリフと最も好きなコード進行を持つ曲ですね。

でんでででででんでででででんでででででぇでぇ、
でんでででででんでででででんでででででぇでぇ、
でんでででででんでででででんでででででぇでぇ、
でんでででででんでででででんでででででぇでぇ、
でぇ〜ん、でぇ〜んでぇ〜ん、でぇ〜んでぇ〜ん、でぇ〜
でんでででででんでででででんでででででぇでぇ・・・


『ロッキーのテーマ』を聴くとちょっと走りたくなるじゃないですか。
気持ちとしては、それに似てますよ。
『前進しろ』と語りかけてくるかのようなこの曲は、まさに
『ヘヴィ・メタル行進曲』とでも呼ぶにふさわしいのです。




  • Posted by グレイトさん at 08:41│Comments(0)
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
    マスター・オブ・リアリティ
      コメント(0)